月別アーカイブ: 2016年9月

システム手帳にカバーをつける

今日は500円のプラスチックのシステム手帳ファイルに
カバーをつける工程を書きます。

これを作ります。
img_3182

材料
・プラスチックのシステム手帳(お好きなサイズ)
・お好みの布(手帳を広げた状態で周りに2センチほどの折り込み分を
つけた大きさを2枚)
・プラスチックに貼れる強力両面テープ

使う道具類
・布用ハサミ
・定規
・アイロン

まず、お好みの布をアイロンでまっすぐきれいに整えます。

次に、手帳の外側に布を貼ります。
布にシステム手帳を置いてサイズが大丈夫か確認して
片面ずつ両面テープで貼っていきます。

img_3148

写真のようにまず左右どちらかの面(内側)の4辺に両面テープを貼って
折り込みながら貼ります。
次に背表紙の部分。
最後に残りの左右どちらかの面、というように一面ずつシワにならないように
ゆっくりと貼りましょう。
金具の部分は切り込みを入れたり、少し折しろを切ったりして
お手持ちの手帳に合わせてうまく調整して貼ってください。
一面貼ったら次の箇所にまた両面テープを貼って、貼り終わったらまた次の面、
というように一箇所ずつ貼っていくと上手に貼れます。

次に中表紙を貼ります。
img_3151
まず貼る前に、アイロンで折り込む部分をしっかりクセづけしておきましょう。
これ重要ポイントです!
外カバーはアイロンで折しろを先に作ってしまうと、いざ貼るときに
サイズが違ってたりするのでアイロンしない方がいいですけど、
中はきちっとまっすぐに折られていた方が仕上がりの綺麗さに差が出ますので
必ずしてください。

img_3154

貼る方の布の4辺に両面テープをつけ、
システム手帳のカバーの方にも両面テープをつけておき貼ります。
中の布は色画用紙でも十分ですよ。
この場合折しろはいらないので、完成サイズに断ち切りで紙を切ってください。
もちろん紙の場合はアイロンは入りません。焦げます。

img_3160
別布でポケットもできます。
台布とポケットを重ねて2枚一緒にアイロンで折しろを作って
そのまま貼るだけです。
ポケット口も一回折ってアイロンしてます。
ただ、縫ってはいないので強度はイマイチですのであしからず・・。

これで完成です。

縫って作ってかぶせたカバーよりも、両面テープで貼ってしまった方が
布とカバーがずれず、こちらの方が私好みの仕上がりなので針と糸は使いません。

見た目を良くするためには、4隅をきちんと直角に貼ると完成度が増します。
丁寧にゆっくりと中のカバーの直角が出るように貼ってください。
ということは、4隅が丸いと貼るの難しいということですね。
新たに中のカバー自体を買われる方はそこを気をつけて買ってきてくださいね。

インスタで仕切りのラミネートの作り方のご質問もいただいたので
そのこともここに書いておきますね。

と言っても、お好きな紙をリフィルを型紙にして切り、
スタンプなどでラベルを作ってラミネートするだけです。
穴の位置を印しして、穴あけパンチで一つずつ穴を開けて完成。
ラミネートはシステム手帳用の穴あけでは多分あきません。
普通の穴あけパンチで開けてください。

img_3163

もう一つインスタでいただいたご質問。
ポケットは↑に書いた一つだけです。
細かいポケットはリフィルにあるので使いたくなったら
それ買ってこようかと思っています。

本当はFILO FAXの新しいカバーが欲しくていろいろ見たんですけど
180度パタンと開くのがなかなかないんですよね・・。
このプラスチックのカバーは180度開いた状態が保てるんです。
これだ!というのにまだ巡り会えなくて・・。
出会えるまでのつなぎとしてこのカバーを使おうかな〜と思っています。

img_3176

カバーの布に合わせて中のラミネートなどもコーディネートを考えると
いろいろ思い浮かんで楽しいですよ。
ぜひ作ってみてくださいね!

ほぼ日手帳2017を見てきました

9月1日の私の恒例行事、LOFTへ来年のほぼ日手帳の
カバーを見に行ってきました。

事前にガイドブックを読み込み
特にチェックしたいカバーの候補をメモしていざ出陣!

IMG_2783

まず初めに、私がカバーに求めることは
大人っぽい感じ」です。
そんな視点から気になったカバーの感想を書きます。
(オリジナルとカズンとごちゃ混ぜなので公式サイト
サイズをご確認ください。)

私はジッパーズが好きなので今回欲しいと思っている
「スカーレット」から。
思った以上に鮮やかです。「赤」ではなくて「スカーレット」
というネーミングがぴったり。中のベージュも濃いです。
開け閉めがしやすかったです。

「アイボリー」
生成りの生地のつぶつぶ感が良い感じで出ていました。
ガイドブックで見た時は白すぎるな・・と思っていましたけど
実際に見たらもう少し生成りで生地の表情がよかったです。

「mina bird」
落ち着いた大人っぽさが素敵でした。
触った布の感じも良く、ベージュの感じも良かった。
実際に大人の女性が手にとって見ていらっしゃるのを
多く見かけました。

「mina tambourine」
テキスタイルの感じが最高でした。
色合いもオリジナルもカズンもどちらも欲しくなる色目。
ただ、分厚いです。でもそれが良さでもあります。
触った感触がふんわりとした手触り。
逆に薄くて違う手触りだったらこのカバーの魅力が落ちちゃうのかな?

「ジェントルボーダー」
ボーダーの色合わせが好きです。
ポリエステルではなく、布の手触りだったら候補に上がりました。

「Stuffed Shell」
これは実物を見たら衝動買いしそうになったカバー。
ペンを数本させるし収納力抜群!
ここに外でノートする時の一式入れたら完璧じゃん!
と妄想が膨らみました。
が、私は外出時の荷物を軽くしたいんだということを思い出し
危うく衝動買いしそうになった自分を抑えることができました。

「Black Domopack」
これはかっこいいです!
大人の男性が持ってたら素敵♡
LOFTの店員さんも推してました。
店員さんによると、本当に一つ一つ皮の感じが異なるので
店舗で実際に見て選ぶのがいいですよ、とのことでした。
ちなみに名古屋LOFTにはありますが、
置いてない店舗もあるとのことです。

「PORTER」
思ったより薄くてコンパクトな印象でした。
手帳以外にいろいろ収納するつもりの方は
実物を見てからの方がいいかも。
逆に言えばスッキリとした感じで使いたい方にはいいですね。

「カラーズ スノーピンク」
表のグレーの色目が好きでした。
中のピンクも大人っぽくて、カラーズの中ではこの色が
一番好みです。

「Cotton tail」
WEEKS用のカバー。
うさぎが可愛かったです。
触った感触もLIBERTYのあのツルサラっとした感触が心地良し。
予算の都合がつくならば、いつか使うために欲しかったです。

今日見た感想は以上です。
これ以外のカバーはあんまり・・というわけではなく、
今日の私がいいな〜と思っただけですということを
お断りしておきます。

予算を考えると、オリジナルの「スカーレット」か
カズンの「アイボリー」にしようかな?と思っていますが、
まだまだ考える予定なので何を買うかは未定です。
中身はPlannerに決めていたので今日買いました。
あとは年が明けるまでにカズンの中身と、家庭記録用のWEEKS、
カバーを決断して買おうかなと思っています。