月別アーカイブ: 2016年5月

MOLESKINEでライフログ■035

2016.5.27.のモレスキンに書いたライフログです。

IMG_1525

急遽友人からランチのお誘いがあったので
そのお出かけの記録。
美味しいもの通の友人のおかげで美味しいものを
たくさん食べた1日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モレスキンの公式ファンサイト
モレスキナリー」で私のブログをご紹介いただきました。
私も大好きなこのサイト。
他にもたくさん魅力的なモレスキンが載っているので
ぜひご覧くださいね〜!

ラベルシールで予定を管理

付箋を使うようになってからこちらの文具も愛用しています。

ラベルシール手書き用 です。

googl カレンダーなどデジタルでスケジュールを入力するときに
「定期的な予定」で入力する予定がありますよね。
それの手書き版といった使い方です。

図書館に本を返しに行く予定とか、食品を買い出しに行く予定とか
定期的に繰り返す予定をラベルに書いて貼って、行ってきたら次の予定日に
貼り直してます。

なんで付箋を使わずにラベルシールにしてあるかというと、
割と長めに手帳に貼りっぱなしなので、はがれて違う場所によれっと
移動してしまうのを防ぐためです。

IMG_1457

このラベルシールは家計簿ノートにも食費などカテゴリーを書いて貼って
使っていたりお安めなのに大活躍な文具なのです。

タンブラーカバーをminneで販売します

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今日はちょっと宣伝です。

かねてよりminnneにて手編みのニット製品を販売していますが、
今日(5月22日)の21時からタンブラーカバーを再々販します。

IMG_1194

コーヒーショップなどで売られているタンブラーを保護するためのカバーです。
(保護が目的なので保温性などはございません。)
商品の紹介、サイズなどは下記アドレスから飛んでいただくと詳しくご覧になれます。
minne.com/handerful

一目一目手編みで作らせていただいております。
IMG_1435

欲しいと思ってくださった方いらっしゃいましたら
どうぞよろしくお願いします!

朝と夕の時間割(その2)

朝と夕の時間割(その2)

(昨日の記事の続き)

11:30〜13:00
お昼ご飯を兼ねた休憩。
銀行に行かなくてはいけない時はここでいく。

13:30頃〜
編み物の仕事再開

15:00
休憩がてら夕方のお茶の時間。

15:30〜16:30
編み物の仕事再開

16:30 編み物の仕事終了
家事再開。
洗濯をたたむ。(旦那さんと私のだけ。娘は自分でたたむ。)
リビングの掃除。なぜ朝ではなく夕方かというと、朝掃除機をかけても
夕方には猫の毛がフワフワと漂うため家族が帰ってくる直前にして
きれいな部屋に帰ってきてもらって掃除はしてるよということをアピールするため。
2度掃除機をかける気はさらさらない。
食品の買い出しに行く日はこの時間に行く。週に2回くらい。
買い出しの後は冷蔵庫や冷凍庫にしまうだけで下処理はしない。
レシートを手帳に挟み、ちょっとした隙間時間に下処理ができないかは常に考えてる。
お風呂に入る。
後は家族が帰ってくるまで録画した海外ドラマのビデオ見たり、読書したり、ノートしたり。
時間と気分に余裕があるときは明朝にする予定の明日の夕飯の支度をしたりするときもある。
次の日外出予定だとここで明日の分の夕飯は作ってしまうことが多い。煮込み系の料理。

20:00頃
娘を駅まで迎えに行く。
夕飯の仕上げ。といっても温め直すだけ。焼く調理があるときは家族が揃ってから焼き始める。
夕飯後は食器洗い。
食洗機がないので、私が洗ったそばから娘が拭いて食器棚にしまっていく。
私が洗い終わるころには食器カゴも空っぽ。
これは娘が小さな頃からしてくれているお手伝いです。
食後のお茶飲みながら家族とダラダラと団欒。
あーー・・もう眠たくて目が閉じそう・・と時計を見ると22:00。
ベッドに移動して30秒もせずに寝ています。

こんな感じで1日が過ぎます。

いつも書きますが、私は決してできた主婦ではなく
いかに最低限の家事労働で自分の好きなことをするか、を目標にしています。
掃除は旦那さんの方がよっぽど得意なので、週末など彼に余裕があるときは
完璧にきれいにしてくれます。ちなみに毎週末ではありません。
結婚当初は週末もしてくれませんでしたけど、してくれた時に絶賛して褒めちぎり、
いかに私が助かったかを伝えるようにしてたらやってくれるようになりました。
してくれて当然といつも期待していると、してくれなくて腹も立つかもしれないですけど
掃除が行き届いてなくても、買ってきたお惣菜が出てきても、文句も言わず
生活してくれるなんて助かるわ〜くらいの気持ちでいると、してくれた時に本当に嬉しいです。
お互いに期待しすぎないということが仲良く暮らす秘訣かもしれないですね。

なんか最後話が逸れましたけどこれで家事の時間割の話は終わりです。
今の家で仕事をしている私の生活スタイルでベストなやり方なので、
全部が参考にはならないと思いますけど、とにかく朝に8割終わらせておくと
後が楽に感じて自分の好きなこともでき、満足してい1日を終えれる気がします。
5時には起きなくてもいいと思いますが、30分早く起きるだけで自分の活動時間が
増える実感は感じていただけるのでは?と思います。

朝と夕の家事時間(その1)

先日インスタの方で朝の家事時間割についてご質問がありましたので
今日はそれにお答えするかたちで書こうと思います。

家族の都合で早朝に起きなくてはいけないので、朝の3時間にほとんどの家事を終わらせて
夕方は補足的な感じで家事を割りふっています。

5:00
起きる。
本当はもっと寝ていたい。いくらでも寝ていられる。

5:00〜6:00
お弁当を作る。
といっても、前日の取り分けておいた夕飯を温め直すかリメイクするだけ。
あとは卵焼きを焼いて、隙間が埋まらなかったら野菜で和え物などを作って
埋めることもある。でもほとんど昨日の夕飯のリメイクで完了の方が多い。
というか、お弁当を見越して前日の夕飯を作っている。

旦那さんと娘の朝食の用意
ほぼ毎日食パンの上にハムやチーズをのせてオーブントースターで焼いたホットサンド。

夕飯の支度
手帳に貼ってある今日の献立の付箋を確認して支度開始。
手順としては
①汁物の出汁をとるために「茅乃舎」の出汁パックと水を鍋に入れて火をかける。
ちゃんと鰹節などで出汁をとったり、スーパーの安い出汁パックを使ってりしてきたけれど、
「茅乃舎」の出汁パックは高いけれど、味が良いので味噌や調味料が少なく済んで
満足の一品に仕上がるので愛用しています。
②肉や魚が冷凍してある場合は出す。
③野菜など切るものは全部まとめて切る。
④出汁がとれてる頃なので汁物を作って完成させる。味噌汁の場合は味噌を入れる手前まで。
⑤煮物系のおかずを煮始める。
(煮物のおかずに冷凍してある肉魚を使う場合は前日の夜に冷蔵庫に移しておきます)
⑥青菜など茹でる野菜は茹でて切っておく。

6:00〜6:30頃に娘を駅まで送る。
この時までにほぼ夕飯の支度は完了させる。
締め切り時間を自分に設定しておくと絶対にできるので。

娘を送ってから〜7:00
洗面所・トイレ・お風呂の簡単掃除。
洗濯を始める。

7:00〜8:00
朝食を食べる。
食べた後は休憩。
結構ダラ〜っとしてて、寝不足の時はウトウトもしていたりする。
起きてから朝食まで1.5倍速くらいで動いているので電池切れな感じ。
逆に言えば、この時間を確保しているのでここまで頑張れる。
猫と遊んだりもする。
洗濯が終わるピピーのお知らせで現実に戻り活動再開。
洗濯干す。

8:00〜9:00
コーヒーを入れて、家計簿など家計事務をして、その後ノートの時間。

9:00〜
編み物の仕事開始。

(明日に続く・・)

献立などは付箋に書いて手帳に貼っています。
IMG_1380

今に集中するために(その4)

ここからは「今に集中」というよりは
マンスリー一冊で補えない部分をどうしてるか?の話です。

まずはウイークリー部分も欲しいのでこちらに書いてます。
こうすれば2冊同時に開けて見られるので便利です。
そして勝手に閉じないので、左手に編み棒を持ったままでも
右手でメモができる。快適です。

マンスリーに写真を貼ったり、ライフログを書いたり、
考えたことを書いたりすると、フリーページはあっという間に
なくなってしまいます。
その部分をラージの方眼ノートに請け負ってもらうことにしてます。

bulletjournalにならって、ページ番号を振って、
日記的なことや、写真などの貼りものもラージに貼っておいて、
マンスリーのカレンダー部分に飛ばせるようにノート・ページ番号を書いておくことにしました。

読書メモも編み物のアイディアも全部ラージ一冊にまとめる。
これは今後の人生で保存するノートの種類を減らす目的でもあります。
bulletjournalにすればこれができるかもしれない。

外出するとき、本当はこちらのラージも常に持って歩きたいけれど
電車で移動や身軽に歩き回りたいときなどは大荷物、そして書きこむ時間よりも
見て歩いていろいろ吸収したい時間が占めている。
なのでそういう時は家に置いておいて、マンスリーに大きめのノート付箋も
常備しておいて、急にガーッと書きたくなったらここに書いて
帰宅してからラージノートに移動して貼っておくか、貼っておいて自宅で
ノート時間を取った時に、マステや色ペンで彩りながら書き直すか、
そうしようかなと思っています。

まだこの方式にしてから日が浅いので、もっと時間をかけて使ってみてから
ブログには書きたかったんですけど、インスタでご質問がありましたので
こちらにまとめました。
まだまだ改善点も出てくると思うので変わっていくとは思いますけど
とりあえず今の時点でのノートとして読んでいただければ幸いです。

今に集中するために(その3)

モレスキンのマンスリーは月と月の間にフリーのページが見開き1ページ
入っています。
ここが「今に集中する」ためのページです。

IMG_1368

まずは左から。
作業中に思いついた「やりたいこと」「やらなきゃいけないこと」を
すぐに書き出せるようにして頭の中から出す。
私はもともとおしゃべりですけど、一人でも頭の中で会話してるんですよ・・。

「あっ!そうだ!今度あれ試してみようかな〜じゃああっちをこうしなきゃいけないし〜♫」
「あ〜〜・・あれしなきゃいかんだったわー・・。今日はできんけど、いつしよう・・
何日にあれがあるからまとめてするかー・・。」
とか(笑)

今考えなくてもいいことを頭の中で繰り広げて編む手が遅くなる。
そのために一刻も早く頭から出す。
ここに絶対書くと決めておけば毎日見るので忘れても大丈夫な安心感も生まれます。

食材のレシート。
これはただ便宜上ここにあるのが一番良いからです。

右ページはしょうもないけど必要なやることが小さな付箋に書いてあります。
締め切りがあるものもこちらに書くかな。
その下に考えた献立を書いた付箋。
これは買い物した時点で考えてたのと数日後に違うものに変更したく
なったりするので付箋に書いておく方がベターです。
これも、日中編みながら「夕飯何にしようかな〜」などに邪魔されないために
すぐに目につくところに貼って安心感を得ます。
一番右端は、近日中に読み終えたい本のリスト、と作業中の作品。

右のページのこれらが付箋に書いてあるもう一つの理由が
ノートの他のページからやってきたメモだからです。

例えば本。
まずは書店で見かけて気になったところで付箋に書いて「Book」タグのページに貼ります。
実際に買ったらタグのページ内でちょっと位置をずらして貼って
読む段階になったら「今」のページです。
これも本を読む時間を取った時に、何を読むか迷う時間をなくして「今」すぐに
読む本を手に取らせるため。
ブログは、思いついたネタで今日書くと決めたらこっちに貼り直して
何としてでも書く。
買い物付箋は、買いに行こうと決めた日に、こちらに移動してくる。

一週間単位でこのやりたいことなどがスケジュール組めればいいんですけど、
主婦を兼業しているとなかなか上手く進まなくてストレスがたまる。
なので、やりたいことは他のページにまとめといて
その日のいろんな事情を踏まえてから、今日絶対にこれをやるぞ!と
決めた方が私の場合結果的にどんどん作業がはかどりました。

一枚前に戻れば今月のカレンダー。
一枚後ろをめくれば来月のカレンダー。
この点もこのマンスリー手帳を気に入って使い始めたポイントです。

あとはラージノートをどうやって使っているかですね。
これは次の記事へ。

(続く・・)

今に集中するために(その2)

ちょっと話がそれますけど、皆さんSNSで流行している付箋ノートご存知ですか?
勉強したことを付箋に書いてそれをノートに貼る手法です。

「なんでノートに直接書かずに付箋に書いて貼るの?」
そんな疑問を持っている時に書店でこの本を見つけました。

1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる」です。

付箋といえば「あな吉手帳」。あちらとどう違うのかしら?
とあな吉手帳で付箋のピラピラ感&剥がれて落ちてしまう、で挫折した私としては
ものすごく興味があって買ってきて読みました。

大まかに言えば、
あな吉手帳にとっての付箋→捨てるもの
付箋ノート→保存するもの
この違いなんじゃないでしょうか。

読んでいる時に、この2つを両方活かせばモレスキンを上手く使えるんじゃない?
と思いつきました。

私にとってモレスキンを使うための最大の難関はノートが高価なため、
こんなこと書いてスペースを使うのが勿体無い・・これにつきました。
なので、買い物メモや躊躇する内容は、まずは付箋に書くことにしたのです。
突如ひらめいた思いつきもです。
絶対的に確定したことだけ直接モレスキンに書くことにしました。

例えばこちらの写真
IMG_1364

編み物するための糸のページです。
もう買ってきて家にある糸は直接書いてます。
付箋にはその作品を編むために候補になった糸です。
サンプルを編んで変更するかもしれないのでとりあえず付箋に書いてペタ。
実際に糸が決定したら直接書き直します。
この付箋が実際に糸を買う日にそのまま移動するのに便利なのです。
(これは次の記事で詳しく書きます)

次にこちらの写真。欲しいものを書いてあるページ。
IMG_1366

すでに欲しいもののメーカ−や値段が分かっている時は直接書く。
付箋は街で人が身につけていて心惹かれたけど値段など未確認のものや、
あえてノートに書き残しておく必要がないものをカテゴリー別に付箋に書いてペタ。

その他ヴォーグのクラスごとに分けてあるページには宿題や次回持って行くものが付箋に
書いて貼ってあって、直接書いてあるのはその日に習ったことです。
ブログのタグには、ブログに書こうと思っているネタが付箋で書いて貼ってあって
実際に書いたら内容を簡単に直接メモ書き。

マンスリーページは確定している予定や体調のことが直接書きで
付箋は未確定予定。
こんな感じでマンスリーノートは使っています。

そしてここからが肝の部分、「今に集中するためのページ」の話です。

(続く・・)

今に集中するために(その1)

IMG_1261

4月から自宅で仕事をするようになって、自分のペースをつかむのに
苦労しています。
やっと、「この方法でうまく回っていく気がするな〜」というのが
わかってきたので書きますね。

まず、手帳とノートをMOLESKINEのマンスリーとラージの方眼の2冊に絞りました。
本音を言うならば、ジブン手帳もトラベラーズノートも続けたかった・・。
どちらも大好きな手帳には変わりないです。
ただ、4月からの私の生活サイクルと合わなくなってしまいました。

まずジブン手帳は、詳細なログを書く必要がなくなってきてしまったのです。
時間ログで書き残したいことは、睡眠時間と食事をした時間と大まかな行動ログ。
一番書き残したい編み物をした時間と結果は、何時から何時よりも
「この時間かかってこれだけ編み進んだ」が重要。
はかどってない時は、思いつく原因を書き残していく方が次の日から活かせます。

トラベラーズノートは、もうこちらは断腸の思いです(T^T)
理由は、いちいちクリップで留めておかないとノートが閉じてしまうのと
一冊にまとめているがゆえにマンスリーとウイークリーが同時に見られない。
この2点です。

最初はモレスキンラージにマンスリーカレンダーも手書きして一冊で今年を乗り切ろう
としてみましたけど、そんな時LOFTに行きますと4月始まりのマンスリーが売っていて
おまけに10%オフ。買ってきました(笑)。
だけど結果的にこれがすごく良かったのです。

続く・・。