月別アーカイブ: 2015年5月

MOLESKINEでライフログ■014

クラシックノートブック|ハードカバー スクエアード(方眼) Pocket
ライフログをつけ始めて2週間あまり。
あまりの楽しさに書く方に集中してました・・(^◇^;)
公開が遅くなってすみません。
身軽なのは快適ですね。

そんなPocket初日のモレスキンです。

写真問題は無事解決しました。
今のところこの方法が一番手軽に、すぐに印刷してノートに
貼ることができます。

iPhoneの写真をプリントする方法です。
まず、iPhoneのアプリ「プリシート」でL版の4分割のシートに
プリントしたい4枚の写真を選んで配置し保存します。
そしてカメラロールに保存された4枚入りの写真を、
うちのプリンターはEPSONなので「Epson iPrint」というアプリで出して
プリンターでL版の用紙に印刷です。

プリシートというアプリ。レビューにもあるようにたまに落ちます・・。
なので超オススメ!!というアプリではないですけど、
そのマイナス点を上回る印刷方法なので、最近はもっぱらこの方法です。

試してみたくださいね〜(*^^*)

MOLESKINEでライフログ■013

モレスキンの公式サイトをよく見てるんですけど、
その中のオンラインストアのEvernote スマートノートブックのところにある
動画の女性がかっこよくて何度も再生しています。

(動画はこちら

身軽でかっこいいですよね〜。

街でメモをしたいとき、ライフログを書きたいとき、
大きなノートを出すのは平気なんですけど、狭いテーブルにしか
座れなかったときや、貼りものページが多くなってきて重くなり、
持ち歩きもためらって、結局家に置いてきてしまうことありませんか?
私はあります。
家に帰ってノート書こうと思ってても疲れてたり、その時の興奮が冷めてて
書かなくてもいいか・・と思ってしまったり、もあります。

ラージサイズは大きな貼りものも、どんと受け止めれくれるのが好きなんですけど、
今回それは考えないとして、ポケットサイズを持ち歩いてみることにしました。

当たり前だけど、軽い!!
そして、私の場合は本屋で書棚を巡りながらメモをすることが多いんですけど、
小さな手の私でさえ立ちメモが容易にできる!
ホームで電車を待ちながらでも思いついたらすぐにメモれる!
想像以上に使い勝手が良かったのです。

これはライフログもポケットサイズに移行する?
これには写真問題などクリアしなければならないことが結構あって、
ずっと考えてます。
いい案が出てきたらまたブログに書きたいと思ってます。

(ポケットサイズは能率GOLDと同じ大きさなのもポイント高いんですよね(*^^*))

@Cafe MUJI

MOLESKINEでライフログ■012

自分のライフログや手帳に家事の覚書などを書いていると
いざ家族に見せたいときに見て欲しくないページもあったりして
分けたほうがいいよな〜と思いつつ、家ノートはつけたり
つけなかったりしていました。

近頃はモレスキンに書くのが気に入ってるので
家ノートもモレスキンで始めてみました。

使いかけのクラシックノートブック|ソフトカバー ルールド(横罫) Largeが
あったのでそれを利用します。

振り返って読みたいことは、献立記録と大きな買い物、庭の手入れや家仕事の記録です。
それらを中心に書いていきます。

1日1ページも使わないので、日付を書いたマステの丸シールでを貼ってつめて書いていきます。

隙間があいてしまったところに猫の絵なんて描いてみました。(´ε`)

家ノートの必要性を感じたのは
前回のほぼ日手帳のところでも書きましたけど、
その当時は当たり前な食事内容や生活記録も
数年経てば全く違っててわが家にも歴史ありだな〜と
思ったからです。

劇的な変化がなくてずっと同じだと思っていた生活も
ちょっとずつ変わっていってて年を隔てれば全く別の生活という
当たり前のことに今さらながら気付きました。

本当は結婚したときからあればもっと面白いものができたと
思うけど、今からでも遅くない!と続けてみようと思ってます。(*^^*)

ほぼ日手帳でライフログ■022

昔のほぼ日手帳を久しぶりに見たら、今のライフログに書くべきことが
はっきりしたので書いておきます。

これは2010年のほぼ日手帳です。

お弁当の絵があるのは、この時期旦那さんに作っていたみたい。
(記憶はない 笑)

右のページは買い物に行った日の記録で
マリメッコのボーダーワンピを買ったことが記録されているけど
こんな前に買ったのが今も現役で着られることに驚いた。
やっぱりブランドものはもちが違いますね。

このころはまだ娘が小学生で、街に出ても
家に帰ってくるのが4時半!
今なら、「さ、次はどこ回ろうかしら?」な時間なので
こんな記述からも娘の成長と共に
自分の生活が変化しているのがわかります。

5年後に今現在のライフログを見たら、
あ〜・・そういう時期だったな〜とまた思うんだろうな。

毎日記録しながら、こんなこと書き残さなくてもいいかな?
と思って書いたり書かなかったりの一つが献立記録。
読み返すと夕飯にペペロンチーノって書いてある。
この頃は主人の母がまだ元気で、食事は全く別だったのでパスタも
ありだったんですね。
今は父の食事も一緒に用意するから、パスタなんてありえない献立。
こういうところからも今と前との比較ができて面白いです。

献立記録と買い物記録。
この2つは忘れずに書くことにしようと思います。

FILO FAX ◼︎ 006

インデックスをラミネート加工で作ろうと
けっこう前にホームセンターのセールで機械を買いました。
海外のFILO FAXユーザーの方を見てるとやりたくなるんですよ〜。

まずはラミネートする材料から。
おもに洋雑誌を使います。
よく使うのはこの3冊。

「flow」・・オランダ発の雑誌で、手芸・イラスト・手づくりがテーマ。
「COUNTRY LIVING」(UK)・・インテリアの雑誌。ガーデンの写真もあって美しいです。
「Mollie MAKES」・・手芸総合誌。簡単に作れそうなものばかりで眺めてるだけでも楽しい。

この中からカテゴリーにあったページをA5に切り抜いて使います。
リフィルを型紙にして印をつけて切ると簡単です。
洋雑誌は英語のリーディングの勉強も兼ねて買います。
興味ある記事はさくさく読めるので英語の勉強にはおすすめですよ。
ビリっとやぶってお風呂の中で読んだりもします。

そして残ったページや気に入ったページはきれいに切り離しておいて
紙のストックにします。
以前も書きましたけど、ノートのカバーにしたり
パーツを切り抜いてコラージュの材料にして使います。

そしてシールラベルにカテゴリーを書いて貼ってラミネート。

今回作ったのは9つのカテゴリー。

「編み物」「本」「ノート関連」「健康・美容ネタ」「落書き帳」「猫」「家計」「その他」
「カレンダー」です。

セットしたところ。

ラミネートしてあるとページがめくりやすいです。
すぐに作り直せるのも楽しいですよ〜(^O^)

FILO FAX ◼︎ 005

FILO FAXをあな吉手帳みたいに使おうと思って改造しました。
なぜならふせんパッドが使いたかったからです。

私の脳は、常々書いている通り老化をたどる一方なので
自分が興味のないことはすぐに都合よく忘れる始末。
最近家計のことで小さなミスをやってしまいました。
でも、スケジュールやTODO管理の失敗は手帳の改善機会です。
いつも改善してるのになぜミスするの?ですけど、
こんなお楽しみがないと、いつまでもくよくよ落ち込みますものね。
失敗も楽しみに変えましょう。( ^ω^ )

あな吉手帳術を詳しく知りたい方はこちらへ→あな吉手帳
作り方はこちらの本に載ってます→「あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術カラー実践版」

実はあな吉手帳術は数年前にやってみて挫折しました・・。
その時の続かなかったポイントを踏まえつつ、今回のリベンジです。

まず、あな吉手帳といえばふせん。
ふせんパッドの設置です。
2つ折タイプを作りました。

一週間の予定をふまえつつ、今日にフォーカスしたいので「Today」のパッド。

そして広げるとこんな感じ。

以前にあな吉手帳をしたときは、やりたいことをふせんに書いて貼っても
おばけふせん(詳しくはあな吉手帳術の本をお読みください)がたまる一方で、
その後に控えている自分のやりたいことに到達できず悲しくなって挫折したのでした・・。

今思えば、やりたいことが漠然としすぎてて失敗したんだと思います。
なので、今回はやりたいことに集中してカテゴリー分けをしました。

「Knit」・・棒針編みの作品作り。おもにヴォーグの講座の宿題のこと。
「Crochet」・・かぎ針編みの作品作り。

編み物は完成までに到達ゴールを小さく分けて定めていた方が進むような気がします。
なので、1日で達成できる到達点を決めて、期日に間に合うように仕上げていくためのふせん。

「Note」・・ノートや手帳に関すること。買ってきたマステやシールなどの整理するためのやることリスト。
「Book」・・積ん読にならないように買ってきた本のリスト。買いすぎ防止の抑制のためにも。
「Other」・・それ以外のこと。

とりあえずこの仕分けで始めて、また項目が増やしたくなったら
マステを張り替えて作り直そうと思います。

MOLESKINEでライフログ■011

母とベルギービール祭りに行った時のノートです。

毎年恒例のすごく楽しみなイベントですが、
すぐに酔っ払うので、あとから何のビールを飲んだかすぐに忘れてしまいます。
今年はちゃんとパンフに印をつけておいたので、あとから切り抜いて貼りました。

あとは買ったマステの見本のページ。
一通りモレスキンに貼っておいて、買ったマステは
どしどし使います。
インスタにはアップしましたけど、あとヒグチユウコさんの
猫のマステのページも続きであります。

時間を大事にするための手帳たち(その2)

もうこれでカバーを買うのは卒業できる!と思うほど
お気に入りのマミタスカバーのほぼ日手帳。

今年は読書ノートにしてみたり、主婦手帳にしてみたり、なかなか使い方が定まりませんでした。
でも、せっかくお気に入りの手帳なので使いたい!と復活させました。
書くところがたくさんあるということは、何でも書いていいんだわ、
と当たり前のことに気づいて、持ち歩き用の何でも帳として再デビューしました。

マンスリーは決定している予定を書いています。
基本的に私の独断では変更できない予定です。
FILO FAXのマンスリーに書いてあるやりたいことは書いていません。
やりたいことは日々のページに書いておくこともあります。
実際はやらないまでも、外出時にページをめくっている時に、
「あ〜、このあたりにやりたいと思ってたんだよね〜」
と自分に思い出させるための記入です。

あとは、すごく細かい考え事。
左のページに書いたように、ペン欲しいとか、
「こないだチラッと何か買おうと思ってたけど何だったっけ?」
と確認するメモ。
あとは、街でかわいいな〜と思ったコーディネートをしてる方の服。
メモしておくと、こんなつたない絵でも映像で思い出せます。

昨日ジブン手帳に行動メモを書いていることを紹介しました。
時間軸におおまかな行動メモを残しておいて、帰宅後、ジブン手帳に書き写します。
ほぼ日手帳一冊しか持って出なかった時は、モレスキンのライフログに
書きたいことも書き写します。
手帳同士を同期させる感じですね。

同期するくらいなら一冊に全てをまとめればいいんじゃない?という
考えももちろんあるんですけど、私の場合一冊にまとめるということは
ものすごく分厚く重くなった手帳を常に持ち歩かなければならないということです。
軽やかに行動したい時の重たい手帳ほど辛いものはありません。
そして、歳を重ねるとともに、一度書いただけの予定はきれいさっぱりと
忘れてしまうということ。
何度も(たいてい2、3回ですけど)書くことで、手帳で確認しなくても
頭の中で覚えています。一回書いて手帳を何度も確認、より
数回書いて頭の中で保存、のほうが私の場合はうまくいくようです。

交通カードはほぼ日手帳の中に入れてあります。
スタバのカードもこの中に。
ほぼ日手帳は電車で移動してる時に、手に持ってることが多いので
この2つのカードはお財布の中に入れてあるより
手帳に挟んでいたほうが便利です。

長くなってしまったので、能率手帳のことはまた別の日に。(´▽`)ノ

時間を大事にするための手帳たち(その1)

私はなまけものなので、気をゆるめるとあっという間に自堕落な日々です。
そのために手帳があるわけです。

最近の気に入っている使い方をご紹介します。
(ころころと手帳の使い方も気も変わるので、あくまで今現在です^_^;)

まずは FILO FAX です。
これは言ってみれば「未来手帳」。
決まっている予定や、編み物の進行予定、ブログに書きたいこと、
読みたい本をいつ読むかなど、これからのことを書いています。

そして、日曜日に次週の月曜日からの心づもりをバーチカルのページに書きます。
その時に、やり遂げたい3つのことの総時間が割り振られるように目安をつけてます。
理想的な週の運びのモデルページも作っていて、それを見つつ、予定もふまえて
割り振っていきます。

このページは書き直すことも多いのでフリクションペンを愛用です。
もちろん全てが予定通りに進むはずはないです。
でも、心づもりだけでもしておくと、やりたいことってできるんですよね〜。
4月29日は旦那さんがお休みだったので、あえてやりたいことは書き込んでません。
私のやりたいことは一人の時間限定で決めます。
そうじゃないと、家族に邪魔された!と勝手に思ってしまってイライラの原因になります・・。
家族が家にいる時は家族の時間を一番大切に。

そして、実際にした行動を ジブン手帳 に記録しています。

行動に対して決めた色のマーカーを使ってパッと視覚的に何に時間をかけた週なのか
分かるようにしています。
睡眠時間の記録、体調の記録(赤ペン)、お小遣い帳、もここに。
もっと細かく色分けをしていたこともあるんですけど、
自分が確認したい時間枠だけにしました。
マーカーの色味が少ないと、やりたいと思ってることに時間は使ってませんよ!
と一目瞭然なので、この方法のが活かせるのでは?と思ってます。

今日はここまで。
次回はほぼ日手帳と能率手帳のことを書こうと思ってます。^_^;