月別アーカイブ: 2015年4月

朝時間の使い方 その2(家事編)

まず、早起きしてるからには朝活をしたい!と思って、
ノートなど広げてみたりしました。
ところが、絶対にその日にこなさなければいけない家事が
気になって腰が落ち着かず・・。
そこで、朝お弁当を作ると同時に夕飯の支度をしてしまうことにしました。
我が家は別棟のおじいちゃんも含め、平日の夕飯はみんなとる時間がバラバラです。
なので、温め直しても味が変わらないものを用意することが多いので
全部作ってしまって、タッパーに入れて冷蔵庫で保存します。
あとの朝の家事は水周りのちょこっと掃除と洗濯を干すところまで。
5時過ぎに起きて、娘を駅まで送って行くのも含め
朝家事が終了するのがだいたい7時半くらいです。

終わったらコーヒーを入れて、朝食の用意をして
新聞を読みながらゆっくりと朝ごはんを食べます。

すでにその日の家事は朝のうちに終わっているので、
あとは編み物に没頭してても、疲れてお昼過ぎにウトウトしても、
午後から本屋さんの仕事に出ても、夕飯が冷蔵庫に入っているというのは
本当に心置きなく自分のことに集中できます。

自宅にいる日の夕方、編み物に疲れてくると、気分転換も兼ねて
次の日のための食材の用意をします。
野菜など、基本的には生協が届いた日と、買い物に行った日に
袋から出して洗ってジップロックなどに入れてあるので
冷蔵庫の在庫を見つつ、最後の仕上げの一歩手前まで準備して、
冷凍庫のお肉などを解凍のために冷蔵庫に移したり、
常備菜を一つ作ったり、平均30分くらいかな?
その一手間で次の日がまた楽になります。

でも、これはフルタイムでお仕事されている方にはあまり参考には
ならないかも。。ですが、前もって準備をしておくと心に余裕ができて
イライラも減って外でお惣菜を買いたくなる気持ちもかなり抑えられると
実感しているので、ぜひ週末などにお試しください。(^_-)

写真は時間の使い方をを考えるのと同時に
ノートと手帳の使い道についての今年何回目?な一人会議。

朝時間の使い方 その1

娘の部活が本格的に始まり、週末は始発の電車に乗って出かけるようになりました。
それにともない私の生活スタイルもガラリと変えなければならなくなっています。

3月までは、夜に塾や習い事があり、その送迎で寝るのは日付が変わることがほとんど。
でも、4月からは、お弁当を作って早い時間の電車に乗せなければならないので
遅くとも5時には起き、家族は7時には外出済みで、
私は12時間以上も家で一人の時間がもてることになりました。

ここ数年は娘の予定に合わせて行動して、時間がないないと思いながら
自分の予定(編み物やノートなど)を小さな枠の時間に入れていたんですけど、
今度は大きな枠で自分の時間が取れるようになって、
ふと気が緩むと、今日は何にもしてないのに1日が終わってしまった・・
と感じることが増えてきてしまいました。

「これはまずいぞ」

きちんと、やりたいことと、やらねばならないことを書き出して
それを確認しながら毎日を送ることにしてみよう!

この2週間ほどはその実践中です。

この話を続けるのは長くなるので今日のところは
プロローグだけにしときます。
2、3回くらいに分けて書いていこうと思いますので
どうぞよろしくお付き合いください。(´▽`)ノ

写真は娘を駅まで送った帰り道での日の出。
水が張り始めた田んぼに光が反射して、とても神秘的な風景でした。

洋雑誌を使ってノートのカバーをコラージュ

今日は疲れがたまった感じがあったので自宅でのんびりと特に予定も
決めずに過ごすごとにしました。

ふと、使いかけのノートにカバーをつけようと思い立って
洋雑誌の気に入ったページを探して切り取ってくるんでみました。

鳥が可愛かったので、そのページをメインにして
左下の青い花と右上の赤い花は他のページにあったのを
切り取ってバランスよく配置してのりで貼りました。

こうすると、表紙のデザインがいまいちね〜・・とか
見すぎて飽きてしまったノートもリフレッシュされて
ますますお気に入りの一冊になると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日使った洋雑誌「DAPHNE’S DIARY」はよくノートの参考にさせてもらってる一冊です。
ノートに書いたようにページが作られているのがお気に入り。
高価なので、一年に1・2冊買って、特に気に入ったページは切り取ってコラージュしたり
まさに使い倒すように愛用してます。

おうちカフェのやすらぐ時間

本日は日曜日。
焼き菓子が食べたくなったのでバナナケーキを焼くことにしました。

本当は上に飾り用のバナナがあるんだけど沈んでしまいました・・。
家のおやつ用なので、そこらへんは気にしな〜い。

持っている琺瑯の保存容器(無印良品のです)のサイズと
長方形のケーキ型のサイズがピッタリなので、
週末に焼いておいて、ここに入れて保存して、3日くらいかけて楽しみます。
あんまりキチキチに詰めてしまうと、取り出すのにケーキがボロボロになってしまいます。
そこで2切れくらいは冷凍にしておきます。

お弁当作りも2週間たち、なるべくデザートの果物もつけるようにしているんですけど、
やはりフルーツを切らしてしまうときがあるんですよね〜。
そういう時は冷凍ケーキの登場です。
ラップに包んでジップロックに入れて冷凍しておけば、
さっとデザートを追加できて、お昼には解凍されて食べごろのはず!です。

お昼からは娘のお友達が遊びに来たので
ドーナツを揚げることにしました。
粉と牛乳と卵のシンプルな味のドーナツ。
一口サイズにコロコロ揚げました。
こちらも大量に作りました。
旦那さんが営業で外回りをしている夕方、お腹がすいて菓子パン買って食べてる
ということが発覚したので、明日はこのドーナツを持たせます。

さぁ、やっと珈琲を入れて落ち着ける時間です。
揚げたてのドーナツを頬張りつつ、明日からの予定を巡らせながら
ノートに書き込む時間は至福の時です。

外のカフェで時間を過ごすのも好きだけど、
家で落ち着いてこんなふうに過ごすのも、
本当に心やすらぐ大好きな時間です。

Cafe MUJI に行ってきました。

無印良品が大好きです。

名古屋駅にある無印がリニューアルして
カフェも併設されることになりました。

オープンして初めての週末だったので、おそらく混み混みだろうとふんでいましたけど、
名古屋に他の買い物に出かけたついでに夕方電車に乗る前に無印もチェックしがてら
のぞいてみたら少し並べば入れそう。
早速お茶してみることにしました。

娘と並びながらメニューを散々検討した結果
テザートも美味しそうだけどデリセットを注文することにしました。
家に夕飯を支度してきたにもかかわらずお食事メニュー。
でも、こちらにして大正解!
家で作るご飯に近い味というのかな・・気負いがなく安心する美味しさでした。
野菜がたくさん使われているのもポイントが高いです。

食後に広い無印良品の店内もゆっくり見ました。
最近の無印は明るい店内の印象が強くありませんか?
約30年ほど前に実家の近くに、たぶん名古屋初店舗の無印良品がオープンしたんですけど、
その店舗は床は木張りで、全体的にウッディで落ち着いた雰囲気でした。
その当時のお店の雰囲気にすごく似ている!
こどもだったから高価で手が出なかったな〜・・と
見てるだけで楽しかった当時の記憶を懐かしく思い出しました。

同じ館内にLOFTもオープン。
こちらは1フロアなので、栄LOFTに比べてしまうと
うーん・・な感じは否めないけれど、
名古屋駅から電車で帰宅する人にとっては、ちょっと寄って見ていくのに
いい場所ですね。
来年からはほぼ日手帳は名駅でも買えるってことですね(^ ^)。

ななちゃんもLOFT色。

Fruits-on-top-yogurt Frappuccino with crushed nuts

絶対に飲みたかったので、
朝一に歯医者が終わってからそのままスタバに直行。

これは過去最高に美味しいフラペチーノです!!

まずヨーグルト味にハズレなし。
そのヨーグルトの中にナッツが細かく入っていて
アーモンドの風味を結構感じます。
そして、フルーツ部分がジャムではなくジェリー。
軽いホイップクリーム。
全体的に甘さは控えめです。
甘すぎが苦手な私で

最高ですよ〜 o(≧▽≦)o

周りの席の人たちがみんなこのフラペチーノを
飲んでいらっしゃる。もくもくと。
みなさんもぜひご賞味ください。(^ ^)

MOLESKINEでライフログ■010

桜の写真はどれもこれも貼っておきたい。
コメントなんていらない。

というわけでこんなページになりました。

隙間うめたい症としては、もっと書き込みたいですけど
桜のきれいさに言葉はいらないですもんね。

ペンで印象に残ったことをフレーズで書きました。
綴りが思いっきり間違ってます。
気にしない、気にしない・・^^;

MOLESKINEでライフログ■009

お出かけした日だったで筆が進みました。
スタバの限定フラペチーノは絶対に飲みたい。
フリーペーパーがあったので切って貼る。
英文字はフリーペーパーのデザインを真似して写しました。
欲しいと思い続けている靴が雑誌に載っていたので切り抜いてペタ。

4/10は書くことがいっぱいだけど、
4/11はたった4行で終わり。
4行でも書いた本人は読めばどんな日か思い出せるものですね。

MOLESKINEでライフログ■008

お花見に行った日のメモ。
ヴォーグの編み物クラスのメモ。
占いの写し。
本を読んだメモ。
買ったマステのラベル。

春休みはこんなページが続きます。
公表するほどでもないんですけど、
こんなあっさりしたページでも気にしないということが
ライフログを続ける秘訣でもあると思うので
あえて載せときます。(^ ^)

新しい生活の始まり

今週の月曜日に娘の入学式があり、次の日からお弁当作りが始まりました、
それは毎朝5時に起きるということです。
私は早起きが苦手で、かといって夜も起きていられないロングスリーパー。
この一週間は、とにかく起床と就寝時間を固定することを習慣づけ、
家事のサイクルも毎日同じ時間に同じことをしようと心がけていますが、
まだ慣れなくて試行錯誤の日々です。

そんな中の癒しはもちろん書くことと編むことです。
今編んでいる糸を長時間見てると、色合いがそう思わせるのか
必ずルマンドが食べたくなります。
ルマンドを口に入れながら編む時間は続きます。

(ノートの写真はあまりにもお見せできるようなページが
ないので、しばらくお待ち下さい^^;。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近感銘を受けたこと。

娘の通っている高校は自由な校風です。
私も娘にはそのような学校に通ってほしいと
思ってましたけど、入学説明会から入学式後の学級懇談会に
至るまで全く勉強の話はなく、この高校に入ったからには
楽しい3年間をお約束します!みたいな話ばかり・・。
さすがの私もこれで大学受験できるのか?と不安になってきました。

でも、授業を開始するにあたってオリエンテーションがあり
そこで先生が1年生に話しました。

「課題を大量に与えて、こなさせて勉強させる学校もあります。
でも、学校教育は大学進学だけを目的にしているわけではありません。
自立した社会人にみんながなれるように育てていくのです。
言われてからしかやれない人にならないでください。
なので勉強も自分で考えてやりましょう。
宿題もだしませんが、自分で考えて予習復習をしましょう。
手助けは喜んでします。
そして、この学校に入ってきたみなさんはできると思ってます。」
(娘からの聞いた話)

上手いこと話すな〜と思いました。
押し付けられるのが大の苦手な彼女も「感動したわ」とうなずいてました。
娘には自分で考えて行動できる人になって欲しいと
思ってたので、入学後3日でこの高校に通わせることができて
よかったと思いました。

3ヶ月前まで全く通うとは思ってなかった学校。
いざ合格していろんな方に報告していたら、主人のいとこも
2人卒業生だったとか、いろいろな繋がりや縁を感じ、
土壇場で決めた学校だけど、実は最初からこの学校に通うことは
決まってたんだなと感じずにはいられませんでした。
今の入学してよかったという気持ちを忘れずに
3年間JKを楽しんで欲しいと思います(^ ^)。