カテゴリー別アーカイブ: 未分類

(簡単更新)マックでノート

2017/7/11

娘の誕生日プレゼントを買いに街へ。
欲しがってたデイパックも無事に手に入れ
帰りに学校まで娘を迎えに行きました。

学校の近くのお気に入りのカフェは18時に
閉店してしまうので今日はマックで
ノートしながら待ちました。

落ち着く喫茶店が好きですが
100円のコーヒーで時間を気にせずに
ゆっくりできるマックも大好きです。

食事の支度にかける時間のこと

私は料理は嫌いな家事ではなく、どちらかといえば好きな家事です。
でも、自分の趣味のことに夢中になっている時の家事ほど辛いことはありません。
そういう時のために常備菜を作っておきます。

作る頻度は、生協が来た日にその週の予定の材料が全て揃うようにしておいて
次の日の午前中2時間ほどに集中して作業します。
うちのガス台は3つコンロがあるので、一つでまずは出汁をとり始めます。1.5Lくらい。
もう一つのコンロで圧力鍋でじゃがいもを蒸すか、ゆで卵(8個)を作ります。
その間に野菜・肉など、切って保存できる材料は全て切ってしまいます。
きのこ類はバラして保存袋に入れて冷凍。ネギは小口切りにして冷凍。
キュウリは薄切りして塩をしてギュッと絞ってタッパーへ。
そこまでしてから3品ほど常備菜の加熱作業開始です。

常備菜を3品作ってそれを2日ほど食べ続けるわけではなく、
次の日はまた1品作って新たなおかずで並べます。
1日目→わりと多めに食べる。
2日目→副菜として小鉢。
3日目→一口ずつあって助かった!!
の量を加減して作ります。
こうして毎日新たな常備菜を一品加えて食卓に出す量を変えて
見た目が毎日同じにならないようにしているのです。
そして、外出した日だったり、今日は絶対に料理したくない、日だったり
の時はインスタントの味噌汁足したらよし!にしているのです。

まとめて加熱もしておいた方が、その後が楽ではないか?
とも思いますけど、一気に全部完成させて保存するのは私には体力的に無理です。
ただ、加熱直前まで作業が済んでいると、食事の前30分あればおっくうにならずに
賑やかな食卓を用意できます。

あともう一つの調理を完了しておかない理由としては、最初に決めた献立が4日後も
食べたいとは限らないということです。でも直前の段階で止めておけば
最後の仕上げでその時に食べたいものを作れる可能性があるという訳ですね。
材料はある、けど食べたいものはこれじゃない、でも何がいいのか思いつかない、
という場合はクックパッドがたいてい何を作ればいいのか教えてくれます。

ここで前半に書いた出汁、じゃがいも、ゆで卵と塩したきゅうりの話。
この3品はあると便利だからです。
出汁は義父が汁物が欲しいタイプなので。
ふかしたじゃがいも→ポテトサラダ、ジャーマンポテト、汁物の具など。
ゆで卵→たまごサンド、輪切りにしてサラダの飾り、醤油につけて味付きたまごなど。
塩きゅうり→冷奴にのせる、サラダの具、酢の物など。
とその時の食べたい味に簡単に変身できます。

これは私が一番快適な方法です。
人それぞれ自分が食事の支度にかけられる時間のパターンなどあると思います。
一部でも参考になればと思って書きました。
明日は献立の話を書く予定です。
よかったら試してみてくださいね。(^ ^)。

東京日帰り旅行 2015.3.17.

娘が友達と東京に日帰りで卒業旅行に行くというので
頼み込んで私も行き帰りの新幹線だけ便乗して行ってきました。

今まで旅行などお出かけの時は、下書き用の小さなノートを持って
あとでライフログ用のノートに清書してたのだけど、
今回、初めてそのまま清書用のノートに書いていくことにしました。

というわけで、新幹線の中でタイトルと日付を書きました。

今回の旅の目的の一つ、東京国立博物館です。

アジアからの仏像の常設もたくさんあって数年前からぜひ行ってみたかった博物館。
建物も素敵だし、同じ展示をぐるぐる何回も見て回って本当に興奮しました。

もちろんミュージアムショップもくまなく細かくチェックします。
主に文具系を探すのですけど、今回のお買い上げはこちら↓
展覧会を見たら、必ずマグネットを買うことにしているので
今回の特別展「みちのくの仏像」の主役の仏像のマグネット。
仏像に吹き出しがついてる柄のスタンプ。
箱が欲しくて選んだ金平糖。
もっと欲しいものたくさんあったけど、旅の最後に大きな買い物を
予定しいたのでここはこれでおしまい。

もう一つの目的は毛糸店「MOORIT」に行くこと。
こちらでセーター1着分の糸を買いました。
全部の糸を見て考えて決めたのは濃いブルーの糸。
半袖のセーターを編む予定ですが、冬でも下に長袖Tを着れば
結構暖かいみたいなので奮発しました。
入れてくださった紙袋まで素敵。

10年ぶりに友達とも再会してたくさんおしゃべりもして
本当にいい一日でした。

また写真を貼ってノートが完成したらブログに載せます(^ ^)

ご連絡

ブログ更新が遅れててごめんなさい。

本日のヴォーグ学園の課題の締切のため自由に使える時間を全て編み物に費やしてました^^;

なんとか提出の目処がついたので明日はノートの写真をアップする予定です。

今日はこれからヴォーグ学園の編み物講座に行ってきます。

近くの喫茶店でモーニング中(*^^*)



ライフログに役立つアプリ

ほぼ日手帳カズンには写真を貼りつつログを
書いているわけですが、写真はiPhoneの保存してある
写真の日付けを見つつ能率手帳にメモってある言葉を
参考にしながら清書していました。

いつでもメモできるように準備はしているんですけど、
書き留めておきたいちょっとした時間って
スーパーのレジに並んでる時や、電車待ってる時とか、
メモを取れないことも多々あるんですよねー。

それが何とかならないかと思案していたのですけど、
こんなアプリの存在を知って使ってみることにしました。

「Day One」です。

日付け順に写真と共にコメントも残せるので
さっとメモできて便利!
しばらくこれも併用してみることにします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の午後、娘の中学校で「卒業生を送る会」がありました。
各学年の出し物があったり、とても楽しい会でした。
その中で印象深かったのは、先生方からのプレゼントです。
出し物は、ここは宴会場なの?的なノリのお笑いネタ満載の劇。
そして、入学式からの3年間の写真を集めた20分程にも及ぶ
スライドでした。

まだ幼い顔つきのこどもたちから始まり、
行事や行事の準備、日々の学校生活の一コマ。
3年間に先生方が撮った写真は約24000枚だそうです。
これまた写真を撮るのが上手で、こどもたちの自然にかまえていない
いきいきとした写真ばかり。
ファインダー越しの先生の愛が溢れる写真のオンパレードです。
それを音楽に合わせてスライドにしてくださり
今日の鑑賞になったわけです。

思春期のこどもたちを毎日相手にしているわけですから
いくら仕事といえども大変なことだと思います。
その中でもたくさんの暖かい愛情を注いでくださり
見守られていたんだな〜と思わせてくれるスライドでした。

親以外に、自分を大切に見守ってくれた大人が、それも先生たちが
中学時代に存在したということが幸せなことだということを
いつかこどもたちは気づくことができるかな?

きっと気づくはず。

来週そんな追い風をうけて
こどもたちは新しい世界へと飛び立ちます。

いつもそばに編み物がある(その3)

編み物のいいところは、間違えてもほどいて
やり直せることろです。

せっかく編んだのをほどくなんて・・と思われるかも
しれないですけど、また再チャレンジが簡単にできるのです。

現実の世界では、一度失敗したことを再開するのは
肉体的にも精神的にもストレスを感じること。
編み物と現実の世界を一緒にしてはいかんかもしれんけど
私の中でこの2つの「やり直せる」がリンクしてて
失敗しても大丈夫!と心が落ち着くのです。

なんか熱く語ってしまいましたが、
これが私が編み物に再熱した最初の出来事です。

まだ「再熱話」は次々とあるのですけど、
そうすると、その10、くらいまで続いてしまうので
一旦編み物熱の話は小休止。

明日はまたほぼ日手帳のライフログの話にしようと
思っています(^ ^)

写真は昨夏に編んだパイナップル編みのベストです。
ちなみにこれは完成まで3回ほどほどきました(笑)
(null)

ほぼ日手帳でライフログ■014

2015.1.19 のほぼ日手帳カズンです。

(null)

岩合光昭の写真展に行った日の記録です。
チケットももちろん貼ります。
マステも猫柄をチョイス。

パンフレットは切りたくないので、そのままマステで綴じ部分に貼りました。
19日と20日の間に貼る感じで、めくるとこう。

(null)

この日に買った本の写真も貼ってます。

……………………

週末はずっと家にいたため、手帳を前に考え事をしたり
ライフログを書いたり、ゆっくりくつろげ
やりたいことも書き出すことができました。

日曜日に久しぶりにアップルパイを焼きました。
これも超簡単レシピ。
明日のブログでレシピをあげておきますね(-_^)。

能率手帳GOLD▪️WEEK 5. 2015

2015.WEEK 5 の能率手帳GOLDです。

(null)

この週は能率手帳にさえ書きとめる時間が持てなくて、
そういう時に限ってkakunoのインクが切れるという間の悪いタイミングな
週でした。

空いてる部分にはこの週に購入したマステを貼っておきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私にとって自分がわさわさと余裕がない時は
てき面にGOLDが白紙化します。
何も書いていない手帳を前にして、ますます自分の行動が
あたふたして、結局何もやれていないという負のスパイラル・・。

そう思うと、「書く」という作業は、ただ記録を残すことだけが
目的ではなくて、自分の中のこと、自分の思考を整える大事な作業なのです。

来週からは落ち着いて頑張ろう。

こころを落ち着かせるために書く

近頃予定が立て込んでいて、なかなか手帳ノートにじっくり向き合えません。
私にとって手帳ノートに「書く」という作業は、日々の生活において
精神安定剤の役割も果たしています。
なのでその時間が取れないと、何か忘れていることがないか?とか
好きなことをしているはずなのに、満たされない感がどんどんふくらんで
いきます。

こころがわさわさしている。

そんな感じのまま2、3日過ごしていて考えました。

あえて決まった時間に手帳ノート時間を設定しよう!(いまさら?!)

やりたいことと、やらなくてはいけないことが目の前に山となって積もっていて
結局何も手につかない、というか一つのことをやってても、別のことが気になって
集中できないのならば、書き出せばいいのです。(いまさら?!)

儀式めいた手帳時間の手順を書きます。

①まずは珈琲をいれるために、コーヒーメーカーをゆっくり準備する。
②机の上には、最低限の文房具と手帳とノートを用意する。
③もちろんお手洗いもすます。
④傍らに珈琲をスタンバイ。
⑤やりたいことリストと、やらなくてはいけないことリストを更新する。

これをする理想の時間は早朝のまだ家事が始まる前の時間。
この時間は他の何事にも邪魔されてはなりません。
早朝に時間が取れない時は家事がひと段落した、できれば一人の時間を確保して
自分の準備も万端にして1日を始めたいものです。

(null)

FILO FAX ◼︎ 003

2月のFILO FAX のマンスリーページです。

(null)

週末に買ったマステを使いました。

今日は節分ですね。
今年は受験生がいるため、家内の鬼を外に出すよう気合をいれて豆まきをしたいと思ってます。
恵方巻きはおじいちゃんが買ってきてくれると言ってたので、私は作っておいたおでんを温めなおして夕飯を楽しみに、午後はバイト頑張ってきます(^^)