カテゴリー別アーカイブ: 思うこと

少ししか採れなかったプラム

2017/7/3

週末は外出していることが多くて
ノートの日記ページもスカスカです。

うちの畑にプラムがなっていて
毎年この季節はたわわに実って
食べきれないくらいでジャムにしたり
皆さんにおすそ分けして
食べていただいてるんですが、
今年は不作で採れたのは写真の小皿に
少し乗るくらい・・。
あちこちにおすそ分けの声をかけていたので
申し訳ないことをしたな・・と
落ち込んでいます。

でも、当たり前なことが当たり前と
思ってる私が間違ってましたね。
恵みのものをありがたく
当たり前だと思っていることは
実は貴重な出来事だと思って
毎日を過ごしていきたいなと
少量のプラムを食べながら思いました。

買い置いていたアフリカ柄の布を使って
パンツを作りました。
気分よくミシンをかけて
ちょうど家族が帰ってくる頃に仕上がったので
「見て〜〜♪」と試着して見せたら
「もんぺみたいで絶対におかしい!!」と不評。
それでも外で着ようとしている私に
今度は娘が試着して私に見せました。

ホント・・もんぺにしか見えない・・。

一気に熱が冷めて家着にすることにしました。
まぁ、我が家は草むしりなど
もんぺの活躍する場面は多々あるので
無駄にはならないんですけど
布自体は気に入った柄だったので
ちょっとがっかりなソーイングに
なってしまいました。
とほほ・・。

ネットプリントではなくDL販売で応援

私の尊敬するノート使いの大先輩、なかむら真朱 さんが日付シートを
作ってくださいました。

IMG_1587

いつも てはさんの日付シート を使わせてもらってるんですけど
今月はてはさんはお休みされるということでピンチヒッター(?)の真朱さんのシートを使わせていただきます。

ネットプリントは、もともとはフリーペーパーという観点から、
基本無料で手に入れられて、コンビニでの印刷代としてお金を払う仕組み。

でも、私もネットプリントを作ったことありますから分かりますけど、
フリーペーパーなのに作る側はかなりの体力も時間も使うんです。
その記事やプリントを作るために(ブログやインスタの媒体も同じだけど)、
ものすごい時間をかけてその記事を書くところに行き着いているんですよね。
なので「てはさんの日付シート」もいつも無料で頂いてしまって恐縮していました。
勝手に自分が好きでやってるんでしょ?と言われてしまえばその通りなんですけど、
私としては、なんとかその活動を応援する方法はないものか?と
常々思っていました。

SNSが発達する前は、自分の作ったものを世界に発信することは
たやすいことではありませんでした。
なので現代のように思い立ったらすぐに自分を発信すること、
その恩恵を受けられることは大変ありがたいことだと思います。
でもそれが当たり前すぎて無料が当たり前というのもどうかとも
思うんです。

同じくらいの料金を支払うならDL販売で買って
少しでもその方に「ありがとう」の気持ちをお金という形で伝えて
応援していく。
そのシステムの方が普通になっていけば、作る側ももっと力を入れて
良いものを作ろうと頑張るし、手に取られる方もより良いものが
手に入れられる。
そんな風に今後ネットプリントが発達していけばいいなぁ・・と思って、
今回が初めてでしたけどDL販売で買いました。

思ったより、というかコンビニにわざわざ出かけてプリントするよりも簡単!!
皆さんも是非チャレンジしてみてください(*^_^*)

新しいスタートでジブン手帳が復活

IMG_0907

3月いっぱいで本屋さんの仕事を辞めて
新たなスタートをきることにしました。

前にも書いたけれど、まずは自分が自分を信じて
編み物で収入を得られるように頑張っていくことに
決めました。
すぐには結果は出ないでしょう。
でも、5年後に少しでも今頭の中で思い描いている暮らしが
できるように一日一日過ごしていこうと思います。

本屋さんの仕事をしながらじゃできないのか?
それも相当考えました。
でも、私は自分に甘くて、他に収入があると
編み物を仕事として捉えている気持ちが薄くなって
疲れていたりすると編み物をサボってしまうんです。
あと、私には主婦業という仕事も当然あります。
家族で家のことを分担するのが理想です。
もちろん家族も週末や家にいるときなどは率先して
家事労働をしてくれます。
でも、外での活動時間を考えると、私が家事仕事をするのが
現実的で、うまく家の中が回るんですよね。

書店員を生涯の仕事として編み物は趣味としてやっていく
ことももちろん考えました。
が、この年齢でも仕事をした後の体力的な疲労を考えると
本屋の仕事を5年後も精力的にやっていく自信が全くなってしまったのです。

今月に入ってニットの小物を、まずはminne
購入できるようにしようと作業を進めています。
いずれは自分のサイトでノートや編み物やそれにまつわる暮らし方など
いろんなことを発信できるようにしていくつもりです。

IMG_0918

自宅での仕事は、時間の融通が利く分
相当自己管理をしっかりしないと全く成果が出せないことを痛感。
手帳の使い方を見直しました。

冒頭の写真のノート(写ってないけれど能率手帳GOLDも)が
今のメンバー。
しばらくジブン手帳はお休み中だったんですけど、
編み物の作業にガントチャートが必要で、ジブン手帳に備え付けなのを
思い出して復活。
ジブン手帳のWEEKLY PLANのページに理想のスケジュール進行を
書きました。(↑の写真)
ジブン手帳はきれいなログは残しません。
あくまで私の仕事を手助けしてくれる秘書的な存在。
ライフログは今まで通りトラベラーズノートに書きます。

個々のノートたちの使い方は、おいおいブログでも書いていこうと
思ってます。

2016年2月23日火曜日

IMG_0170

夜明けの空を見て綺麗だなと感じるのは晴天の空より
うっすら出た雲に朝日があたって反射して輝いている空。
今朝はそんな夜明けの空でした。

最近自分の働き方についてよく考えます。
どこかに所属しないとお金は得ることができないのか?

今している仕事が本当に好きでやりがいを感じ
自立できているのなら本当に幸せなこと。
でも大半の人はその逆?
私もその逆の一人です。
でもお金を稼ぐことは楽しいだけじゃないし、
こんなもんだよね・・と思いながら働いていました。

好きなことでお金を稼ごうなんて甘い甘い!と周りから言われるのが嫌だな、
とか、現実にそのことでお金を得ることなんて無理に決まってる、とか、
もう中年なんだからいい歳して・・とか、
言い訳ばかりして実際に行動を起こさない自分が一番足を引っ張ってる。

私はそこから脱却することにしました。

まずは自分で行動してみる。
一歩一歩前に進んでみる。
はっきり言って失敗に終わるかもしれない。
でもある程度の歳まで来たからこそ、考えてるだけじゃ全く今の生活は
変わらないってわかってる。
ちょっとずつでも頑張っていこう。

夜明けに日がだんだんと昇って明るくなってくる景色の中にいると
迷ってる自分に「今日も一日頑張れ!」と言ってもらってるような気がします。
だから私は日の出の写真を撮っておさめておきたいのかもしれません。

IMG_0181

そんな私の思いを受け止めれくれる手帳たち。
家族の次に私の理解者です。

新しい生活の始まり

今週の月曜日に娘の入学式があり、次の日からお弁当作りが始まりました、
それは毎朝5時に起きるということです。
私は早起きが苦手で、かといって夜も起きていられないロングスリーパー。
この一週間は、とにかく起床と就寝時間を固定することを習慣づけ、
家事のサイクルも毎日同じ時間に同じことをしようと心がけていますが、
まだ慣れなくて試行錯誤の日々です。

そんな中の癒しはもちろん書くことと編むことです。
今編んでいる糸を長時間見てると、色合いがそう思わせるのか
必ずルマンドが食べたくなります。
ルマンドを口に入れながら編む時間は続きます。

(ノートの写真はあまりにもお見せできるようなページが
ないので、しばらくお待ち下さい^^;。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近感銘を受けたこと。

娘の通っている高校は自由な校風です。
私も娘にはそのような学校に通ってほしいと
思ってましたけど、入学説明会から入学式後の学級懇談会に
至るまで全く勉強の話はなく、この高校に入ったからには
楽しい3年間をお約束します!みたいな話ばかり・・。
さすがの私もこれで大学受験できるのか?と不安になってきました。

でも、授業を開始するにあたってオリエンテーションがあり
そこで先生が1年生に話しました。

「課題を大量に与えて、こなさせて勉強させる学校もあります。
でも、学校教育は大学進学だけを目的にしているわけではありません。
自立した社会人にみんながなれるように育てていくのです。
言われてからしかやれない人にならないでください。
なので勉強も自分で考えてやりましょう。
宿題もだしませんが、自分で考えて予習復習をしましょう。
手助けは喜んでします。
そして、この学校に入ってきたみなさんはできると思ってます。」
(娘からの聞いた話)

上手いこと話すな〜と思いました。
押し付けられるのが大の苦手な彼女も「感動したわ」とうなずいてました。
娘には自分で考えて行動できる人になって欲しいと
思ってたので、入学後3日でこの高校に通わせることができて
よかったと思いました。

3ヶ月前まで全く通うとは思ってなかった学校。
いざ合格していろんな方に報告していたら、主人のいとこも
2人卒業生だったとか、いろいろな繋がりや縁を感じ、
土壇場で決めた学校だけど、実は最初からこの学校に通うことは
決まってたんだなと感じずにはいられませんでした。
今の入学してよかったという気持ちを忘れずに
3年間JKを楽しんで欲しいと思います(^ ^)。

MOLESKINEでライフログ■007

石井ゆかりさんの星占いを見るのが好きです。
気になったことが書いてあるときはモレスキンに書き写します。
夜空をイメージされてるようなマステを貼って目立たせて、
すぐに見られるようにしてあります。

この日付の頃は、家で編み物をしていることが多くて
特に書くこともなくて、その時読んでた本からの抜き書きや
自分への戒めメモが書いてあります(^_^;)。
あとは購入した毛糸の写真など。

・・・・・・・・・・・・・

うちの近くに大きな公園があって毎年桜を見るのを楽しみにしてます。
でも、今年は天気予報の行方が悪く、お花見は諦めていました。

昨日まではこの日の天気予報も雨模様だったのに起きたら快晴。
急いで支度をして、娘とウォーキングがてら桜を満喫してきました。



毎年ここの桜を元気に歩いて見られるのは
私にとってとても幸せに感じる時間のひとつです。
それは、自分に余裕がなくて、とても桜を見る気分になれない
年があったから・・。
毎年、家族で楽しんでいる季節の行事が楽しめることって
実は自分と家族が元気で楽しく生きていることの証。
そうかみしめながら歩くと、一段と桜もきれいに見えます(^ ^)。

好きな時間の過ごし方

おはようござます。
名古屋は昨夜からの雪で少し積もりました。

さて、今日は好きな時間について。
それはもちろん喫茶店でコーヒーを飲みつつ、
手帳を開いたり、ノートに書きつけたりする時間。

たぶん、一日中でも、お店の人が許してくれるなら
ずーーーーっといられる。

友達にそのことを話すと、お茶代がもったいないから
家で同じことすればいいじゃん!とか言われたりすることも
あるんだけど、それは全く違います。

家でも、出かける予定のない日は、もちろんコーヒーを入れて
一式広げてスタンバるけど、何かいろいろ気になって
集中できないんですよね・・・。
夕飯の下ごしらえしとこうかな・・・とか、
あの場所が散らかってるのが今日に限って気になる・・とか。

でも、喫茶店に入ってしまえば
日常のことは一切遮断。
自分の頭の中のことに全力をそそげます。

ただお茶を楽しむだけの好きな喫茶店はたくさんあります。
でも、仕事や作業に没頭できるのは
私の場合、コメダとスタバ。
なんでかな?なんか作業のスイッチがカチッと入る感じがして
まわりが気にならなくなって、いろんなことが思い浮かんでは
ノートに書くという好循環が生まれます。

今日もそんな好きな時間を満喫してます。

なんのノートを使ってる人として呼ばれたいか?

昨日の心変わりの記事を読んでもらえればわかると思いますが、
私はこれというこだわりに欠けているところがあります。
ノートもしかりで、たぶん売り出されている
世の中の手帳やノートや紙が全部大好き!

インスタや他の方のブログで超かっこいい
使い方を見ちゃったら憧れて同じのが欲しく
なっちゃいます。

まあ、そんななので、自室にはハンズのノート売り場?
なみにいろんな帳面があるのです。

昨日みたいに心変わりがおこれば
本棚に行って過去に買ったノートを
引っ張り出してきてまた使い出す・・
という落ち着きのなさ。

ほぼ日手帳も続けたいし、
でもTRAVELERS notebookを使って
旅するように毎日を過ごしていきたい・・
ポケットからMOLESKINEをさっと出して
サラサラ〜と書いたり描いたりしたら
なんかアーティストな感じ?!

みんなかっこいいですよね〜

このブログも始まったばかりということで、
ゆっくり長い目で私がなんのノートの人になるか
みなさんにも見守っていただけたらと思っています。(´▽`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は娘の卒業式に行ってきます。
号泣しないように気をつけるつもりですが、
今、洗面所で式で歌う合唱「旅立ちの日に」を
iPhoneで流しながら娘は支度をしているのだけれど
それを小耳にはさむだけで、目頭が熱くなってくる(^◇^;)
ハンカチ一枚で足りるかしら〜(笑)

「おこしもん」作り

おこしもん(おこしもの)は、主に愛知県を中心に、
東海地方で桃の節句などの祝い事に供えられる和菓子の一種です。
(Wikipediaより)

木型が祖母の家にあり、それを母が受け継いで
こどもの頃からひな祭りになると作っていました。
今でもひな祭りが近づくと日を設けて
母と作ります。

私は妹と2人姉妹で、私も妹も授かった
こどもは女の子ばかり。
そんなわけもあって、祖母から伝えられたことは
できるだけ娘や姪たちに受け継いでいきたいと
思っています。

ところでこのおこしもん。
味はお餅の味です。
うちでは網で焼いて砂糖じょうゆにつけて
食べるのが好きです。

はっきり言って、今の美味しいものがあふれている時代
特別おいしいものでもないんですけど、
雛祭りになると、いつもおこしもんがあったよね〜
と娘たちの記憶に残り、彼女たちが大人になったときに
またこの木型で作ってもらえれば
こんな嬉しいことはないわ・・・と思って
今年も母と私はせっせと作るのです。(^ ^)

いつもそばに編み物がある(その3)

編み物のいいところは、間違えてもほどいて
やり直せることろです。

せっかく編んだのをほどくなんて・・と思われるかも
しれないですけど、また再チャレンジが簡単にできるのです。

現実の世界では、一度失敗したことを再開するのは
肉体的にも精神的にもストレスを感じること。
編み物と現実の世界を一緒にしてはいかんかもしれんけど
私の中でこの2つの「やり直せる」がリンクしてて
失敗しても大丈夫!と心が落ち着くのです。

なんか熱く語ってしまいましたが、
これが私が編み物に再熱した最初の出来事です。

まだ「再熱話」は次々とあるのですけど、
そうすると、その10、くらいまで続いてしまうので
一旦編み物熱の話は小休止。

明日はまたほぼ日手帳のライフログの話にしようと
思っています(^ ^)

写真は昨夏に編んだパイナップル編みのベストです。
ちなみにこれは完成まで3回ほどほどきました(笑)
(null)