カテゴリー別アーカイブ: フランクリンプランナー

フランクリンプランナーとほぼ日手帳weeksの使い分け方

フランクリンプランナーの一日2ページに
日々の記録をつけるようになってから
無理なく続いています。
公式な使い方とは全く違うのであれなんですが
リフィルを買ったものの持て余してる方の参考に
なるかもしれないのでご紹介しようと思います。

リフィルはフランクリンプランナーの
ユニバーサル・デイリー・リフィル(1日/2ページ)
使っています。
このリフィルの記入する配置もフォントのデザインも
色味も全部気に入っています。

ここは日々の記録を書き残しています。
今より前の記録だけです。
やりたいこととかTODOリストは書いてません。
そこが公式の使い方と違うところです。

ショップカードなどの紙モノもパンチで穴を開けて
綴じたり新聞の切り抜きも無地リフィルに貼って
ここに。もらった手紙も届いた日付のところに
綴じてます。

バインダーはFILOFAXのHOLBORNです。
基本的に家置きなので持ち歩き用に
ほぼ日手帳weeksMEGAを使っています。

こちらは外で使うことが前提の手帳です。
外で見返したい内容はこちらにまとめています。
そして手芸ノートも兼ねてます。

私は手芸がライフワークなので
毛糸や布を買うと在庫が埋没してしまわないように
サンプルを買った日のウィークリーページに貼ります。
その週に完成した作品は写真も貼ります。

巻末のメモページは読みたい本リストや
やりたいことリスト、行ってみたいカフェリスト、
あとは製作するニットや布製品のサイズを決定する
までの手順メモを書いて材料を買い出しに行った時に
すぐに工程を振り返れるようにしています。

最初は全てシステム手帳にまとめていたのですが
手仕事だけを振り返りたい時に見返しにくかったことと
書店や材料屋さんで重めなシステム手帳を出すことが
億劫で買いそびれることがあったので
今の使い方に落ち着きました。

ポストカードをシステム手帳に挟む

美術館で購入したポストカードを
その日のリフィルの間に挟みたいけど
穴は開けたくないしな・・と考えながら
ハンズを歩いていたら丁度良いサイズの
クリアファイルのリフィルを見つけました。
ポストカードってしまいこむとそのままのこと
よくありますよね。
これで挟んでる間はいつでも眺めることが
できます。
(この日のページはインスタグラム
動画をアップしています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週月曜日から木曜日まで娘がサークルの合宿で
主人も赴任先にいるので初めてこんなに長い時間
一人での生活でした。
意識的に規則正しい生活を送らないと
食事も適当になってしまうし、逆に無茶な時間配分で
一日を過ごしてしまい後から後悔することも
ありました。
とても時間が長く感じましたね。
将来を考える上でとても良い経験ができたと思います。

手帳を減らす。フランクリンプランナーを使う。

昨夜は台風が通り過ぎてやれやれと思っていたら
夜半になってすごい雷と雨でした。
朝ごはんが終わったら家の周りと一回りして被害がないか
見てこようと思います。

2019年は手帳の数をとにかく減らしたいと思っているのですが
多分答えが出た気がします。
とりあえず手持ちのでやってみて具合を確かめてみたいと思います。

手段が目的にならないように」がテーマです。

埋めることが義務に感じた時の「何だかなぁ・・」をなくしたい
という気持ちが強いです。
主の活動(私の場合は編み物や縫い物活動)の記録や
活動の向上に手帳やノートが無理なく存在するという使い方にしたいのです。
実際のところ、日中編むことや縫うことに集中していると
ノートをきれいに書く時間は夜しか作れません。
そしてこれは40歳を過ぎてから痛感していますが
夜中まで起きていると明らかに明日に響いて
次の日の作業予定が滞るのです。
なので昼間作業しつつ記録をつけて、夜少しの時間でまとめる
くらいのノート時間でないとどんどん白紙のページがたまっていきます。
そうなると複数の手帳・ノートを使いこなすのは不可能で
減らすしかないよね・・ということに気持ちが落ち着きました。

フランクリンプランナーの1日で2ページのリフィルが今のところ
とても使い勝手がいいのは、
左ページにTO DOリスト、食べたもの記録、時間ログをまとめられて
右ページにその日の日記を書くことができて、貼りものもできて楽しめて
ページが増やしたかったら別紙を差し込むことができるという点で
私の生活のペースにとてもマッチしているからだと思います。

ただ、手仕事関連のことは別ノートにまとめた方がいいとは思っていて
それを何のノートにまとめるか?が悩みどころでした。
編み物クラスにも持っていってメモを取ることもあるので
そんなに大きくなくて一年間たっぷり書けるものということで
ほぼ日手帳weeks MEGAを試してみることにしました。

ちょっと気分転換で手持ちの余り布でカバーを制作。

サイズを測って見返しをつけて上下をかがるだけの簡単ソーイング。
手軽に気分を変えられるのでオススメです。