カテゴリー別アーカイブ: おやつ

反響が大きかったお菓子

今日は雑談です。

先ほどインスタに何の気なしに載せたら反響が大きくて
びっくりだったのでこちらにも残しておきます。

IMG_8776

濃厚クリームのレーズンサンドです。

あの高級レーズンサンドと同じくらい美味しいです。
物産展に行かなくても近所のセブンで手に入るなんて嬉しい!
3つしか入ってないので量もちょうどいいですね。
お好きな方は是非お試しください。

今日は愛知県は明け方から雪でした。
IMG_8766

猫たちも珍しいのか窓に顔を引っ付けて
外をずっと眺めていました。

旦那さんに家事を手伝ってもらう

IMG_7342

今週の木曜日のヴォーグの講座までにカーデガンを一着
仕上げなければならなく日中はほとんどの時間を編み棒を
ひらすら動かしています。

合間にジブン手帳のログだけはとるようにして
ほかのノート類はほったらかしです。^^;

趣味にかまけている私を横目に旦那さんが家の掃除を
はりきってしてくれたのでお礼に3時のおやつに
ホットケーキを焼きました。

好きなレシピはなかしましほさんの
おやつですよ」に載っているホットケーキのレシピです。
ふんわりしていて、表面がカリッと焼けます。

今日も娘は部活で留守だったので
本の通りの分量で2段のケーキが2人分焼けました。

IMG_7349

コーヒーもいれて、きれいになった部屋で満足のお茶の時間。
「ありがとう〜。めちゃきれいになった〜。さすがだね〜。」と
誉めちぎりながら楽しい時間を過ごして次回もやってもらう魂胆です。
わりと効くんですよ、この胃袋ほめちぎり作戦。(^_−)

ネコものんびりと、いい日曜日でした。

IMG_7348

梅仕事 2015

毎年恒例の梅仕事。
今年は梅干しと梅酒は去年仕込んだものが
まだ一年分はゆうにありそうなので、
梅シロップだけ漬けました。

娘が学校の自販機でジュースをよく買っているらしいんですけど、
お小遣いもばかにならないみたいで、家から梅ジュースをよく持っていきます。

前日の夜のうちにペットボトルにシロップを水で薄めたのを
作って凍らせておけば、次の日は割と冷たいまま美味しく
飲めるようです。

梅は職場仲間の家でなったのを分けてもらっています。
うちはこの時期はビワがなるので交換です。
じつは、まだこの漬けた倍量の梅があるのです。
とりあえず洗って冷凍したので、今回のができしだい
また仕込もうと思っています。

おうちカフェのやすらぐ時間

本日は日曜日。
焼き菓子が食べたくなったのでバナナケーキを焼くことにしました。

本当は上に飾り用のバナナがあるんだけど沈んでしまいました・・。
家のおやつ用なので、そこらへんは気にしな〜い。

持っている琺瑯の保存容器(無印良品のです)のサイズと
長方形のケーキ型のサイズがピッタリなので、
週末に焼いておいて、ここに入れて保存して、3日くらいかけて楽しみます。
あんまりキチキチに詰めてしまうと、取り出すのにケーキがボロボロになってしまいます。
そこで2切れくらいは冷凍にしておきます。

お弁当作りも2週間たち、なるべくデザートの果物もつけるようにしているんですけど、
やはりフルーツを切らしてしまうときがあるんですよね〜。
そういう時は冷凍ケーキの登場です。
ラップに包んでジップロックに入れて冷凍しておけば、
さっとデザートを追加できて、お昼には解凍されて食べごろのはず!です。

お昼からは娘のお友達が遊びに来たので
ドーナツを揚げることにしました。
粉と牛乳と卵のシンプルな味のドーナツ。
一口サイズにコロコロ揚げました。
こちらも大量に作りました。
旦那さんが営業で外回りをしている夕方、お腹がすいて菓子パン買って食べてる
ということが発覚したので、明日はこのドーナツを持たせます。

さぁ、やっと珈琲を入れて落ち着ける時間です。
揚げたてのドーナツを頬張りつつ、明日からの予定を巡らせながら
ノートに書き込む時間は至福の時です。

外のカフェで時間を過ごすのも好きだけど、
家で落ち着いてこんなふうに過ごすのも、
本当に心やすらぐ大好きな時間です。

MOLESKINEでライフログ■006

春休み、みなさんはどうお過ごしですか?

私は思ったより慌ただしく過ごしていて
なかなかノートの時間がとれてません。
でも、春休みで娘も部活がなくて、平日にゆっくりお出かけも
できたりして充実感はあるので、ますますノートに書けないジレンマに
もどかしさを感じてます。

今夜はゆっくりとできたので、夜のおやつも用意して
モレスキンにじっくり書こうと思いました。

おやつは夕飯の時についでに用意した簡単おやつ。
”さつまいもクリーム”
さつまいもを皮をむいて切って鍋に入れて
牛乳をかぶるくらいに入れて火をかけます。
やわらかくなるまで煮たら、マッシャーで鍋に入れたままつぶすだけ。
ちょっと牛乳多いかな?くらいの方が柔らかな感じに仕上がります。
これをお皿にもって、バニラアイスをそえていただきます。

甘いものを食べつつ、ノートにつらつらと書くのは
何とも幸せを感じるひとときです。

雨模様の週末の過ごし方

朝からずっと強い雨が降っています。

家にあるもので何かおやつ作れるかな〜?

こんな日のために、バゲットをスライスして
冷凍してあります。
自然解凍して、卵と牛乳の卵液に浸しておいて
3時になったらフレンチトーストを焼きましょう。

コーヒーもいれたてを用意したら
出かけなくても自宅で優雅な
カフェ時間が過ごせますね(^ ^)

2014年の後半はTRAVELER’S notebookに
ライフログを書いてました。
でも、ほぼ日手帳カズンに移行して
しまったので、ノートが空いていて
しょんぼりと可哀想でした。

このノートも大好きなので、新たな使い道を
考えていたのですけど
編み物のノートにしようかな〜と思いつきました。

ノートが分冊できるから、糸見本帖とか
アイデア帖とか、進行表とか、うまく分けたら
編み物のヒストリー帖になりそう。

ちょっと試してみます。

「おこしもん」作り

おこしもん(おこしもの)は、主に愛知県を中心に、
東海地方で桃の節句などの祝い事に供えられる和菓子の一種です。
(Wikipediaより)

木型が祖母の家にあり、それを母が受け継いで
こどもの頃からひな祭りになると作っていました。
今でもひな祭りが近づくと日を設けて
母と作ります。

私は妹と2人姉妹で、私も妹も授かった
こどもは女の子ばかり。
そんなわけもあって、祖母から伝えられたことは
できるだけ娘や姪たちに受け継いでいきたいと
思っています。

ところでこのおこしもん。
味はお餅の味です。
うちでは網で焼いて砂糖じょうゆにつけて
食べるのが好きです。

はっきり言って、今の美味しいものがあふれている時代
特別おいしいものでもないんですけど、
雛祭りになると、いつもおこしもんがあったよね〜
と娘たちの記憶に残り、彼女たちが大人になったときに
またこの木型で作ってもらえれば
こんな嬉しいことはないわ・・・と思って
今年も母と私はせっせと作るのです。(^ ^)

ケーキをおすそ分けする時のラッピング

昨日作ったチョコブラウニーをプレゼントするとしたら
どんなラッピングかな〜と考えていたら思いついたので
次回に活かせるように覚え書き。

家にあるもので簡単にできますよ。

クッキングシートでケーキをくるみ
きれいな毛糸で十字に結んで
結び目に猫のマステを貼ります。
ビニール袋に入れてホチキスでとめて
マステで上からホチキス跡を隠すように貼る。

(null)

ビニール袋はセロファンな感じの硬めのもの。
はがきサイズを常備しておくと
何かと役立ちます(^ ^)

無印良品のツールボックス

ずっと買う買おうか迷っていた無印のツールボックス買いました。
ここには主に色ペンとデコラッシュ、はさみとテープのり、
カッターを収納してます。

これでペンをポーチから出さなくても、パッと色を選んで
使うことができます(^ ^)。

(null)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はバレンタインデー。
旦那さんは、小洒落た高級チョコより、
明治の板チョコを20枚欲しい!という人なので、
本当にあげがいがない人・・。

昨日食料品の買い出しに行ったスーパーで
手作りチョコレートコーナーがあって
板チョコと一緒にくるみとアーモンドも目についたので
今年はブラウニーを作りました。

3時のおやつの時間にいただきました。
このレシピは濃厚なチョコ味で、そんなにチョコに興味がない
私にとっては薄〜い一切れで十分。
作ってる段階で、もう匂いでお腹いっぱい。
実はこの一切れも多くて半分残してしまった私・・。
なのに旦那さんと娘はおかわりして2切れ食べてました。
見ているだけで鼻血がでそう(^◇^;)
でも、作ったものを
「おいしい!おいしい!」と食べてくれる人が
いるというのはとても幸せなことですね(^ ^)。

簡単アップルパイを焼きました。

週末に焼いたアップルパイのレシピを載せておきます。

(null)

材料
りんご・1個か2個
冷凍パイシート
レモン汁 大さじ1(私はポッカのレモン汁を愛用)
砂糖 50g

①まずパイシートを室温に戻す。
(少しかたいくらいに。あまり放置しすぎると
パイ生地がだれて扱いづらくなります)
②次にりんごを薄く切る。
③りんごをボールに入れて、レモン汁と砂糖をまぶす。
(だいたい全体にうっすらとまぶされる感じ)
パイ皿に形に合わせてのばしたパイ生地を乗せる。
④りんごを美しく並べる。
まわりにはみ出たパイ生地をまわりにクルッと土手を作るように整える。
⑤バターを所々散らす。
⑥オーブンで200度で13分、その後160度に下げて40分焼く。
(各ご家庭のオーブンによって、後の40分は様子を見ながら美味しそうに
なるまで焼いてください。)

温かいうちにバニラアイスを添えると最高のデザートです。

簡単なので試してみてください(^ ^)

→追記

バターは20gくらいをちぎって乗せてます。適当に(笑)
りんごは美しく並べると、見た目が5割り増しくらいに美味しそうに見えます。