FILO FAX ◼︎ 008

バイブルサイズの中身をカスタマイズしようと思って
ハンズの文具売り場に行ってきました。

最初はシステム手帳コーナーでファスナーポケットなど
物色してたんですけど、積み重なると金額もばかにならないん
ですよね〜。
すぐにバイブルサイズにも飽きる時がくるかもしれないので(笑)
できるだけ価格は抑えたいのです。
そしたらファイルコーナーでチャックのケースを3分の1ほどの価格で
見つけました。
バイブル手帳にあててみたらA6がジャストサイズ!
これに穴を開けて作ることにしました。

それからタグも見てたんですけど、普通のしかなくて。
A5システム手帳みたいにラミネートで作ろうかしら・・と思案しながら
うろうろしていたら、

「おっ?!これってバイブルサイズじゃない?!」

と見つけたのが一筆箋でした。

この3点を買って早速家で作業開始です。

まずは、バイブルサイズの紙を入れて、穴部分を油性ペンで印をつけます。

そしてパンチで穴あけ。

一筆箋は上部にマスキングテープでラベル名を作って貼ってから
ラミネートをします。

マンスリーの月のラベルもカッターで切って
それぞれの月に貼って数字を入れます。

セットして完成です。
とたんに自分らしいシステム手帳になりました。

一筆箋はちょっと文を添えて贈り物をしたい時など
私はよく利用します。
今回バイブルサイズにちょうどよいサイズなのを発見して
特別にしたい言葉や覚書など、バイブル用のメモ用紙ではなく
一筆箋に書いて綴じておけば楽しいな〜と思いました。
季節柄がそろってもいるので、四季おりおり変えていったりするのも
楽しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)