FILO FAX ◼︎ 005

FILO FAXをあな吉手帳みたいに使おうと思って改造しました。
なぜならふせんパッドが使いたかったからです。

私の脳は、常々書いている通り老化をたどる一方なので
自分が興味のないことはすぐに都合よく忘れる始末。
最近家計のことで小さなミスをやってしまいました。
でも、スケジュールやTODO管理の失敗は手帳の改善機会です。
いつも改善してるのになぜミスするの?ですけど、
こんなお楽しみがないと、いつまでもくよくよ落ち込みますものね。
失敗も楽しみに変えましょう。( ^ω^ )

あな吉手帳術を詳しく知りたい方はこちらへ→あな吉手帳
作り方はこちらの本に載ってます→「あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術カラー実践版」

実はあな吉手帳術は数年前にやってみて挫折しました・・。
その時の続かなかったポイントを踏まえつつ、今回のリベンジです。

まず、あな吉手帳といえばふせん。
ふせんパッドの設置です。
2つ折タイプを作りました。

一週間の予定をふまえつつ、今日にフォーカスしたいので「Today」のパッド。

そして広げるとこんな感じ。

以前にあな吉手帳をしたときは、やりたいことをふせんに書いて貼っても
おばけふせん(詳しくはあな吉手帳術の本をお読みください)がたまる一方で、
その後に控えている自分のやりたいことに到達できず悲しくなって挫折したのでした・・。

今思えば、やりたいことが漠然としすぎてて失敗したんだと思います。
なので、今回はやりたいことに集中してカテゴリー分けをしました。

「Knit」・・棒針編みの作品作り。おもにヴォーグの講座の宿題のこと。
「Crochet」・・かぎ針編みの作品作り。

編み物は完成までに到達ゴールを小さく分けて定めていた方が進むような気がします。
なので、1日で達成できる到達点を決めて、期日に間に合うように仕上げていくためのふせん。

「Note」・・ノートや手帳に関すること。買ってきたマステやシールなどの整理するためのやることリスト。
「Book」・・積ん読にならないように買ってきた本のリスト。買いすぎ防止の抑制のためにも。
「Other」・・それ以外のこと。

とりあえずこの仕分けで始めて、また項目が増やしたくなったら
マステを張り替えて作り直そうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)