家事を楽にする本

昨日の投稿で
”お料理の億劫さをなんとかしたい”と書きました。
そしたら、先日NHKのあさいちで「”ハッピーキッチン”時間術」という
特集をやってましたが、みなさんご覧のなりましたか?
その中で、食品の買い物から帰ってきたら
「とりあえず袋から出す」という作業をしてしまう、という方法を
紹介してました。
そんだけで楽になるか〜?と思ったんですけど、買い出しに行った後に
少し時間があったので実践してみました。

ネギ→洗ってタッパーに入る大きさに切って入れる。
レタス→全部洗って、野菜水切りで水分を落として保存袋に入れる。
人参→千切りにして塩をしてタッパーに入れる。
ここまでで15分程。

そして夕方。
ほうれん草→茹でて切って冷凍。
かぼちゃ→蒸し茹でにして冷凍。
きのこ類→ほぐして小房に分けて全部一緒に冷凍(きのこミックス)。

この日は日曜日だったので唐揚げを大量に揚げて全体の3分の1ほどを冷凍。

たぶん、野菜を洗ってすぐ使えるようにしておくだけでも
かなり楽になると思います。
レタスが洗ってすぐ食べれる状態にあるというのは、なにか1品足らないような気がして
外出からの帰りにスーパーのお惣菜を買いたくなるのを阻止できます。
そして多めに揚げた唐揚げの冷凍は、春休みのお昼ご飯に重宝しました。

もっと技を知りたくてこの2冊を買いました。
「魔法使いの台所」と「いそがしいあなたのホームフリージング」

保存方法からレシピへの展開まで詳しく書いてあって
思わず読み込んでしまいます。

冷凍も今までは味が落ちる気がして敬遠してたけど、
この本に書いてある方法ですると美味しく食べられます。
ただ、長期保存するのが目的の冷凍ではないと思います。
一週間分のまとめ買いをして、それを美味しく食べきるということと、
料理にかける時間と手間の縮小という目的です。

興味のある方にはぜひおすすめの本です。(^ ^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)