生活パターンが変わると手帳も変わる

先日も書きましたように4月から生活を組み直したい
と思っています。
実は年明けから主人が単身赴任になり
それに伴って勤めていた早朝の仕事も時間的に
続けるのが難しくなり、一度辞めてリセット
することにしました。

今度は日中の仕事に就きたいと思いながら
中途半端な感じのminneの販売にも力を入れたい、
ニットの勉強ももっとしたい。
そんないろんな思いが頭の中をぐるぐると回ってるのが
現状です。

ただ、新しい仕事を探すにも、娘の進路が決定して彼女の生活が
定まってからでないと決めづらいところもあるので
それまでは考えるために与えられた時間だと思って
じっくりと検討することにしました。

というわけで最近はニットの勉強に力を入れているのですが
生活パターンが変わると予定を管理していた手帳も
昨日までのではしっくりこなくなってしまいますね・・。
カズンの1日1ページが空白部分が多くなってきていました。
ニットに専念したいので、あえてノートの時間をとって
書くことも今の私には時間がもったいなく感じてしまうのです。
理想は書きながら描きながら編みながらノートの空白が埋まっていく。
バーチカルにしていた時間ログも、編んでいる最中に
ちょっと立ち上がって姿勢を変えてる間にお皿洗おうかな、
など「編む」の間に「家事」が細切れで入ってきます。
このログをつけようと思うと・・ものすごく見づらい時間ログの
出来上がりです。

家事もすでに大人と変わらない娘との生活だと
ノートにきちんと計画表を作ってまでする家事もなく
お互いが気づいたところを作業すれば終わります。
今これを書いていて思いましたが、家族がそれぞれに
言わなくてもその家庭が心地よく過ごせるように動けば
家ノートはいらないのかも?
話がそれてしまいそうなのでこの件は次回また改めて。

そんなこんなで今私に必要な手帳は
・作業中の編み物の作業目標と工程を書けること。
・その日の予定を書けること。
・その予定を一週間を通して確認できること。
・一ヶ月を見渡せるマンスリーがあること。
・食材の在庫をかけるスペースの確保。
・これらに加え思いついたメモも同じページに
書きたいのでA5以上のサイズ。
・A5サイズでもカズンよりは軽い。

そんな手帳はないかしらと思っていたら無印良品にありました。
それも右のメモページが愛用の無印ノート方眼と同じタイプ!
上質紙マンスリー・ウィークリーノート
無印良品週間を待って買ってきました。
カズンのカバーはとても気に入ってるので装着。
これをしばらくは使っていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)