娘が部活を引退する日

2017/7/16

とうとう娘が部活を引退する日がきました。

試合内容としては、格上の相手に健闘したと思います。
対戦相手はここまで完封試合や失点が少なく
勝ち上がってきたので、9回まで得点を入れ続け
戦えたことは誇れることだと思います。

でも、負けは負け。

夏の大会は負けた日が3年生の引退の日。
試合後に3年生の部員たちから親へ感謝の挨拶があります。
うちは高校生になってからの野球人生なので
2年ちょっとのことですが、選手たちは10年近くの
親子での野球生活です。
週末は子供の野球のスケジュールに合わせて
生活していたため思い出もたくさんあります。
普段家でなんにも話さないような男子が
涙を流しながら
「お母さんの作ったお弁当がおいしくて楽しみで頑張れた」
「自分より早く起きていろんな準備をして野球を支えてくれて
ありがとう」
など聞いていたら母たちは号泣です・・。

「野球を引退してこれから親孝行をしていこうと思う」
なんて言ってくれる子もいましたが、
もう十分に私たちは野球を通して濃密な親子の思い出を
もらって親孝行してもらったよ!と思っています。

引退式を終えた後、晴れ晴れとした笑顔で
応援にきれくれ同級生たちと写真を撮っている子供たちを
見ながら、夏が始まったばかりだけど、夏が終わったね・・と
支えきった達成感にひたったのでした。

帰宅後、近所の友達のやっているお店で
娘とお疲れ様会。

娘が
「大変なことや辛いこともたくさんあって正直辞めたいと
思ったこともあったけど、なんでか今は楽しい思い出しかないわ。」
と言っていました。
幸せな部活生活を送れてよかった!
まだまだ高校生活は続くし
苦しい受験勉強の毎日を送ったりだけど
この部活の経験がきっと支えになるはず!
と母はビールを飲みながら感謝するのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)