システム手帳に日記を書いてみました

2017/7/2

システム手帳バイブルに日記を書いてみました。
やはりいつも持ち歩いているノートに日記を書くのは
手軽ですぐに書くことができていいです!

システム手帳のリフィルは保存するのが苦手で
すぐに捨てたくなってしまうので
長く残しておきたい記録は綴じノートに書くということに
こだわっていたところがあるんですけど、
綴じノートにはない、このページ失敗したら書き直せる
ということにとても魅力を感じています。

ノート歴はもう10年くらいになるので
過去の分厚いノート類が収納棚を圧迫しつつあって
いろんな意味で身軽になりたいと思っている今の私に
システム手帳という形がとても合ってるのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日から朝刊に昨日の高校野球に試合結果が掲載されるので
読むのが楽しみな朝です。
でも読んでるとだんだんと涙が溢れてきます。
勝ったチームにも負けたチームにもドラマがあって
それが娘の学校のチームと重なってしまって
涙なしでは読めないのです。
今日からはお化粧をする前に新聞を読まなくてはですね(笑)。

新聞を読んでいたら球場当番で大会の運営のお手伝いを
させてもらっている娘からメールがあり
今日の試合のアナウンスを担当するとありました。
大急ぎで支度をして実家の母を誘って行ってきました。

自分の学校で練習試合をするときは
マネージャーが試合進行のアナウンスをしています。
そんな彼女たちにとって公式戦のアナウンスは憧れな仕事。
球場当番で行っていても自分に依頼がない場合も
たくさんあって、そのチャンスも3年生になってからの
夏の大会の数日間のみなので娘もやらせてもらえるか
ドキドキしながらお手伝いに行っていました。

マネージャーの仕事は選手をサポートする大事な役目ですが
ほとんどが裏方の仕事です。
2年ちょっと始発の電車に乗って朝練に行き
帰りも遅く、週末も練習試合ばかりで友達と遊ぶ時間もなく
親ながらよくやっているな、と感心していました。
なので彼女がやってみたかった公式戦のアナウンスを
することができて私としても「頑張ってきて良かったね!」と
とても嬉しかったです。
あとは部員たちが一つでも多く勝って試合をし続けてくれることが
最大のマネージャーとしての喜びです。
みんな怪我しないように頑張ってほしいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)