今に集中するために(その4)

ここからは「今に集中」というよりは
マンスリー一冊で補えない部分をどうしてるか?の話です。

まずはウイークリー部分も欲しいのでこちらに書いてます。
こうすれば2冊同時に開けて見られるので便利です。
そして勝手に閉じないので、左手に編み棒を持ったままでも
右手でメモができる。快適です。

マンスリーに写真を貼ったり、ライフログを書いたり、
考えたことを書いたりすると、フリーページはあっという間に
なくなってしまいます。
その部分をラージの方眼ノートに請け負ってもらうことにしてます。

bulletjournalにならって、ページ番号を振って、
日記的なことや、写真などの貼りものもラージに貼っておいて、
マンスリーのカレンダー部分に飛ばせるようにノート・ページ番号を書いておくことにしました。

読書メモも編み物のアイディアも全部ラージ一冊にまとめる。
これは今後の人生で保存するノートの種類を減らす目的でもあります。
bulletjournalにすればこれができるかもしれない。

外出するとき、本当はこちらのラージも常に持って歩きたいけれど
電車で移動や身軽に歩き回りたいときなどは大荷物、そして書きこむ時間よりも
見て歩いていろいろ吸収したい時間が占めている。
なのでそういう時は家に置いておいて、マンスリーに大きめのノート付箋も
常備しておいて、急にガーッと書きたくなったらここに書いて
帰宅してからラージノートに移動して貼っておくか、貼っておいて自宅で
ノート時間を取った時に、マステや色ペンで彩りながら書き直すか、
そうしようかなと思っています。

まだこの方式にしてから日が浅いので、もっと時間をかけて使ってみてから
ブログには書きたかったんですけど、インスタでご質問がありましたので
こちらにまとめました。
まだまだ改善点も出てくると思うので変わっていくとは思いますけど
とりあえず今の時点でのノートとして読んでいただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)