「お金を整える」

IMG_0383

うちは娘に一番教育費がかかる時期を迎え、
経済的な不安が毎日頭をよぎります。
そんな時書店でこの本を見つけました。

お金を整える

全体的にシンプルな方法での提案が多かったです。
でも、その簡単なことが実行できていないんじゃない?
と参考になりました。

手帳を家計簿の代わりにする方法は手帳好きにはすぐに
真似したくなるところでした。
あと、お金を節約するための冷蔵庫の使い方や
食料品の買い方など、言われてみればそうなんだけど
実行できず・・なことを指摘してもらって私もやってみようと
思いました。

私には参考になる部分が多くありましたけど
このような節約系の本をたくさん読まれている方には
ちょっと物足りないかな?
決して斬新なテクニックではないと思うので。

新しいアイテムを導入しなくても(例えばその方法を実行するための家計簿とか)
自分のお金の管理を見直す機会としてはとても良い本だと思いました。


2 thoughts on “「お金を整える」

  1. 篠崎由美

    準備していたつもりの学資保険など、受験の段階からどんどん出ていって、本当に甘かったなと反省させられました。数10万の振込票が次々に届くあの時期。でも、うちはたった1人の子供だけ。何人ものお子さんを家から出して学校に行かせている方はどうされてるんだろうと。就職出来ても奨学金は親が返している現状。厳しい現実です。ふみさんの様に、きっちり管理出来てたらって今更ながら思います。色々参考になります。

    返信
    1. fumi 投稿作成者

      いえいえ、管理できていたらこのような本を買いませんよ!(-。-;
      去年の高校受験で、思った以上に支出が多くて自分の甘さに愕然としました。
      うちも娘一人ですけど、ちゃんと大学に行かせられるのか非常に不安です。
      すでに大学に通わせていらっしゃる方のお話を聞いても、奨学金をもらうのが
      普通な感じも受けて、日本の教育事情ってどうなんだろう・・?と疑問に思うことも
      よくあります。
      なかなか難しい問題ですけど、少しでもプロの方のアドバイスを参考にして
      乗り切れたらなと思っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)