なんでも帳としてほぼ日手帳を使おう

新年明けてからも使い道に悩んでいました。
前の記事に書いたとおりほぼ日手帳にライフログがうまく書けません。
なので、いっその事ライフログとしてではなく、
ライフログの下書きとして使うことにしました。

IMG_8784

私の今のライフログノートはトラベラーズノート。
ここは一週間分をまとめて写真をプリントして貼り、
マステなどで飾りながら仕上げています。

もう一つはジブン手帳。
こちらは体調や食べたものや睡眠時間を細かくつけています。

本当は一冊にぜーんぶまとめられたらいいけれど、
そうなるとものすごく小さな字で書く場所も計画的に埋めていかなくては
全部収まりきりません。

そこで1日が1ページなっているほぼ日手帳に綺麗に書くことは
無視してどんどんメモしていくことにしました。
そしてまとまった時間ができた時にTNとジブン手帳に転記しながら
まとめてみることにしたのです。

これが思った以上にいいです。
綺麗に書かなくてはというプレッシャーがないので
頭に浮かんだ瞬間にメモできます。
そして普通のメモ帳と違って日付が入っているから
「明後日の外出の時にあの買い物もまとめてしよう」
などささっとメモし、当日忘れずに遂行できます。

ほぼ日手帳の開いたまま閉じないというのも今さらながら良い点。
机の上に開きっぱなしにしていてもよいので
作業しながらとか、家事をしながらでも一瞬で書けます。

編み物の作業の時は、編み物用のカズンを開いて、
その横にオリジナルサイズを広げてメモできるようにしています。

今さら書くまでもないような本来の手帳の使い方ですけど、
ブログやインスタで感想を寄せてくださる方から感じられる
「きちんと綺麗に書かなくては・・」というプレッシャー感を
和らげる方法としてどうかな〜と思ったので書いてみました(*^^*)

写真はマステが貼ってありますが、個人名を隠すためのもので
この後はがしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)