フランクリンプランナーとほぼ日手帳weeksの使い分け方

フランクリンプランナーの一日2ページに
日々の記録をつけるようになってから
無理なく続いています。
公式な使い方とは全く違うのであれなんですが
リフィルを買ったものの持て余してる方の参考に
なるかもしれないのでご紹介しようと思います。

リフィルはフランクリンプランナーの
ユニバーサル・デイリー・リフィル(1日/2ページ)
使っています。
このリフィルの記入する配置もフォントのデザインも
色味も全部気に入っています。

ここは日々の記録を書き残しています。
今より前の記録だけです。
やりたいこととかTODOリストは書いてません。
そこが公式の使い方と違うところです。

ショップカードなどの紙モノもパンチで穴を開けて
綴じたり新聞の切り抜きも無地リフィルに貼って
ここに。もらった手紙も届いた日付のところに
綴じてます。

バインダーはFILOFAXのHOLBORNです。
基本的に家置きなので持ち歩き用に
ほぼ日手帳weeksMEGAを使っています。

こちらは外で使うことが前提の手帳です。
外で見返したい内容はこちらにまとめています。
そして手芸ノートも兼ねてます。

私は手芸がライフワークなので
毛糸や布を買うと在庫が埋没してしまわないように
サンプルを買った日のウィークリーページに貼ります。
その週に完成した作品は写真も貼ります。

巻末のメモページは読みたい本リストや
やりたいことリスト、行ってみたいカフェリスト、
あとは製作するニットや布製品のサイズを決定する
までの手順メモを書いて材料を買い出しに行った時に
すぐに工程を振り返れるようにしています。

最初は全てシステム手帳にまとめていたのですが
手仕事だけを振り返りたい時に見返しにくかったことと
書店や材料屋さんで重めなシステム手帳を出すことが
億劫で買いそびれることがあったので
今の使い方に落ち着きました。

「楽しい」だけでいいのかな?

その時頭の中で常に考えていたり
答えを探している時に
あらゆるとことから答えが届きませんか?
一つ前の記事で
「楽しくやるこいうことを忘れずに」
というテーマで書きましたが
書いたからといって私の中で完全に
消化されたわけでもなく
小さいながらも心の中で
「ただ楽しいだけでいいのか?」
とくすぶり続けていました。

そんな私に次々と答えが降ってきました。

まずは本から。
森博嗣は好きな作家で
図書館で1冊ずつ順番に借りて読んで
いるところなのですが
今週借りていたのは
夢の叶え方を知っていますか?
でした。

今アマゾンで見たら帯にこう書いてありました。

「お金でも社会的成功でもないピュアな夢は
人生の支えになる。」

自分が夢だと思っていることは
本当に叶えたいと思ってる「結果」ですか?
ということを考えさせられました。

「夢の本質とは自分を楽しませること。
自分を縛りつけるために夢を目指すのではない。」
(本文より)

これが私がもらった答えです。
ぱ〜っと霧が晴れたようでした。

もう一つ。
ラジオを流しながら読んでいたのですが
ちょうど安室奈美恵の特番をやっていて
安室さんもこの先の方向性にすごく
悩んだ時にある道ができて
それがただ単純に楽しくて楽しくて
夢中になって、そしたらそれが自分にとって
すごくいい結果ももたらしたという
インタビューが流れてきました。

こんなタイムリーに「楽しい」がキーワードで
出てくるなんて!
私がその言葉に敏感に反応しているということも
あると思いますが
「そのまま進んで大丈夫だよ!」と
励まされた気がしてとても心強かったです。

楽しくやるということを忘れずにしよう

昨夜は映画から帰宅してから
一作目も見ようと娘と盛り上がり
DVD鑑賞をしました。
普段より夜更かしをしたので
朝もゆっくりしてしまって
生活リズムを崩してしまいました。
ちょっとの夜更かしが次の日の不調。
起床就寝時間は変えちゃダメですね。

こんな日だったので編み作業なども
スピードが上がらず、すぐに休憩したくなって
しまい、落ち込みがちでした。

落ち込みがちの時に思うようにしていることは
「楽しくやるということを忘れずにいよう」
ということです。
家事も手芸も手帳・ノートもやらされ感が
ないように、楽しいと感じるように
自分を仕向けていくこと。
作業内容もそれにかける時間もかなり注意を
はらっています。
趣味的なとこは作業は楽しいけれど
締め切りが設定されるとなぜか楽しさが
減る気がします。
なのでその日にできる自分の限界の8割くらいの
ペースで進めていくことが私の中ではかなり重要!
家事はもう適当にやるに限る!
家族は必死に家事をやって不機嫌な私よりも
多少家の中が汚くても、信じられないような
適当ごはんでも私が楽しくしているならば
そうしてください、なスタンスでいてくれてるので
大変助かります。
今夜の夕飯も野菜スープを利用した
チーズリゾット。
簡単に済ませて好きな本を読んで
明日からまたいつものペースに戻して
行こうと思います。

「マンマミーア」娘との思い出がつまった映画

マンマミーア!ヒア・ウイ・ゴー」を娘と見に行ってきました。
前作は2009年。この時も娘と観に行きました。
小学校4年生の娘。
歌うことが大好きで、市のジュニアコーラスにも
所属していました。
多分好きだろうと思って映画に連れて行ったら
親子でどハマりで、ちょうど時期を同じくして
劇団四季が名古屋で「マンマミーア」の公演を
していたのですぐにチケットを取って
ミュージカルも観に行きました。

私の中で娘との楽しい思い出の一つの作品。
娘はそんな大げさには思ってはいないとは
思いますけど、一緒に観に行こうと思ってくれる
その気持ちがとても嬉しかったです。

前作は娘が結婚を機に母から自立する物語。
歌の歌詞の中に、朝学校に見送る母の気持ちを
表現しているところがあるのですが
当時はまだまだ娘に手がかかり自分の時間が
欲しいと切に願っていた時。
将来私もこういう気持ちになるのか・・と
感動というか胸にグッときて涙がこぼれました。
娘との一瞬一瞬の時間を大切にしていこう。
そう思いました。
まぁ現実はそんなにすんなりといかないので
ここまで大変なこともたくさんありましたが
またこの映画を娘と一緒に見ることができた
ということは、あの時に思ったことが
ちゃんと叶っているのかなと
とても感慨深かったです。

今作も最後の母娘で歌う場面で
涙がこぼれてしまいました。
数年後また私の中でこの気持ちを
思い出すのかな。

「れんげ荘シリーズ」を読んで刺繍を始めたくなる

先日書店をぶらぶらしていて見つけた本
ネコと昼寝
えっ?!私のことですか?
群ようこの本は好きでよく読んでいるのに
このシリーズは知りませんでした。
文庫で3冊出てたのでまとめ買いして読んでます。

主人公が刺繍を始める描写を読んで
今、モーレツに刺繍を始めたいです。
話の中に「プラナカン風の刺繍」という語句から
初めてプラナカンという文化を知りました。
それは名前は知らなかったけど私の大好きな
テイストでした。

「チチカカ」という雑貨屋さんも大好きで
行くと一時間くらい出てこられないんです。
アジアっぽい刺繍の小物とか服とか
もう次から次へ欲しいものだらけのお店です。

ベースに元々の好きがあったのが
この物語を読んでいるうちに
私アジア系の刺繍大好きだわ!
と久々にガツンと良い衝撃でした。
とりあえず図書館で本を見繕ってきます。
刺繍の教室に通う余裕はないので
まずは独学で始めてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インスタから読んでくださる方はご存じだと思いますが
このブログはインスタとほぼ同じ内容を書いています。
ただブログはPCで書いているので、その書きやすから
インスタにつけた文章をベースに少し長めに書いています。
昨日は写真をスマホとPCと同期する前に
スマホから写真を削除してしまったので一日飛んで
今日の更新です。
うっかりこんなこともありますけど
末長くお付き合いいただければと思っています。
よろしくお願いします。

無印良品のスケジュール用スライダーポケットをシステム手帳の筆入れにする

FILO FAXのHOLBORNのバインダーを愛用しています。
ただペンホルダーが一つしかなくて
しかもかなり細いペンしか装着できないので
複合ペンも持ち歩けずビニルポーチの
リフィルを使ったりもしてたんですけど
やはり書くときにボコッと感じてしまうのが
プチストレスでした。

何とかいい方法はないかな?と考えてた時
使ってない無印良品のスケジュール用スライダーポケット
があるのを思い出しました。

HOLBORNのバインダーは左の表紙内側に
ポケットがあり入れることができます。
私の持ってたのはA5サイズなので
縦の長さに合わせてハサミでカットして
マステで切ったとことを閉じました。
ただこの方法はファスナーの器具が取れやすく
その後とりつけるのがかなり面倒くさいです。
なのでできればB6サイズのポケットに差し込む
部分だけを合わせて切って使う方がいいと思います。
(閉じれなくなったのでクリップでとめてますが
これはこれで問題なく使えました。)

システム手帳に書き込むときは
こんなふうに紙の重なりからは外に出るので
ストレスも感じません。

筆入れを別に持ち歩きたくない方には
おススメできる方法だと思います。

一日編み物

今日は朝からずっと編んでました。
座りっぱなしを防ぐために
途中夕飯の支度などをしつつ編みます。
冷蔵庫にあるもので作ったので
今夜は手羽元の煮たのと大根煮です。
煮物2品。
出汁のいい香りが漂う部屋で編むと
幸せな気持ちになります。
こんな風に穏やかに好きなことをしつつ
料理ができることはありがたいことです。

ただ編むことに夢中になっていると
ノートは白紙ページが多くなります。
これを何とかしたい!
編む・書く・編む・書く、と
ちょこちょこ交互にすればいいのかしら?
改善の余地ありですね。

ポストカードをシステム手帳に挟む

美術館で購入したポストカードを
その日のリフィルの間に挟みたいけど
穴は開けたくないしな・・と考えながら
ハンズを歩いていたら丁度良いサイズの
クリアファイルのリフィルを見つけました。
ポストカードってしまいこむとそのままのこと
よくありますよね。
これで挟んでる間はいつでも眺めることが
できます。
(この日のページはインスタグラム
動画をアップしています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週月曜日から木曜日まで娘がサークルの合宿で
主人も赴任先にいるので初めてこんなに長い時間
一人での生活でした。
意識的に規則正しい生活を送らないと
食事も適当になってしまうし、逆に無茶な時間配分で
一日を過ごしてしまい後から後悔することも
ありました。
とても時間が長く感じましたね。
将来を考える上でとても良い経験ができたと思います。

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

今日は母と美術鑑賞に行ってきました。
名古屋市美術館。
いつも割とすいていてゆっくり見て回れるんですけど
今回はかつてないほどの混雑ぶりで驚きました。

人は多かったですけどお互いに譲りあって
たっぷりと絵を鑑賞することができました。

睡蓮は撮影可でした。

私は絵は全然詳しくなくて
よく美術館に足を運ぶ割には画家の名前と絵も
あまり一致しなくて勉強しなくては・・
とは思っているのですが。
じゃあ何を見ているのかというと
色合わせとか構図とかをよく見るようにしています。
知識はなくても好きな絵というのは必ずあって
何でこの絵が好きって思うのかな?ということを
自分の中で必ず確認しながら見ています。
そういう積み重ねがニットの糸の色を選ぶときや
パッチワークをする時にきっと活きてくると
信じているのです。
あと、本物から得るエネルギーというのはすごくて
これが画集を見ているのとは雲泥の差なので
楽しみに美術館に出かけるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ロフトにも寄りました。
ほぼ日コーナー見てきました。
「ヤマザクラ」が気になっていたんですけど
サイトはもう品切れ中だし、多分売ってないだろう
と思っていたら山積み状態でありました。
30分ほど買うか迷いましたけど
買わなくて在庫無くなったら絶対後悔する
という結論で手に入れました。
weeks MEGAは年末までに買う予定なので
「ヤマザクラ」の使い道はこれから考えます。

レザークリップとファイルは欲しかったので
買えてよかったです。

手帳を減らす。フランクリンプランナーを使う。

昨夜は台風が通り過ぎてやれやれと思っていたら
夜半になってすごい雷と雨でした。
朝ごはんが終わったら家の周りと一回りして被害がないか
見てこようと思います。

2019年は手帳の数をとにかく減らしたいと思っているのですが
多分答えが出た気がします。
とりあえず手持ちのでやってみて具合を確かめてみたいと思います。

手段が目的にならないように」がテーマです。

埋めることが義務に感じた時の「何だかなぁ・・」をなくしたい
という気持ちが強いです。
主の活動(私の場合は編み物や縫い物活動)の記録や
活動の向上に手帳やノートが無理なく存在するという使い方にしたいのです。
実際のところ、日中編むことや縫うことに集中していると
ノートをきれいに書く時間は夜しか作れません。
そしてこれは40歳を過ぎてから痛感していますが
夜中まで起きていると明らかに明日に響いて
次の日の作業予定が滞るのです。
なので昼間作業しつつ記録をつけて、夜少しの時間でまとめる
くらいのノート時間でないとどんどん白紙のページがたまっていきます。
そうなると複数の手帳・ノートを使いこなすのは不可能で
減らすしかないよね・・ということに気持ちが落ち着きました。

フランクリンプランナーの1日で2ページのリフィルが今のところ
とても使い勝手がいいのは、
左ページにTO DOリスト、食べたもの記録、時間ログをまとめられて
右ページにその日の日記を書くことができて、貼りものもできて楽しめて
ページが増やしたかったら別紙を差し込むことができるという点で
私の生活のペースにとてもマッチしているからだと思います。

ただ、手仕事関連のことは別ノートにまとめた方がいいとは思っていて
それを何のノートにまとめるか?が悩みどころでした。
編み物クラスにも持っていってメモを取ることもあるので
そんなに大きくなくて一年間たっぷり書けるものということで
ほぼ日手帳weeks MEGAを試してみることにしました。

ちょっと気分転換で手持ちの余り布でカバーを制作。

サイズを測って見返しをつけて上下をかがるだけの簡単ソーイング。
手軽に気分を変えられるのでオススメです。